マーケット

米国債先物Tbond

【著者】

bond
データ:ジェネシス社 Tbond、ストキャスティックス

FRBインフレ目標、2%を超えても構わないと言う”高圧政策”を実施するとみる市場参加者が多く、米国債先物Tbondは下落を続けている。

しかし、プライスとストキャスティックスとの間にダイバージェンスが確認されるなど、そろそろ、Tbondのショートは厳しくなってきている。

Tbondに買い戻しが入ると、ドル安基調となり、円の買い戻しが一気に活発化するだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者