マーケット

感謝祭で笑った者はクリスマスに泣く・・・?

【著者】

ドル/円は115円台までの“押し”も想定すべき・・・か?

27日の米国市場はサンクスギビングデー(感謝祭)で休場、さらに翌28日は短縮取引ということもあり、マーケット参加者は概ね様子見ムードといったところ。
為替市場においても、ドル/円やその他クロス円を中心に、先月末31日の黒田バズーカ第2弾が放たれて以来、描いてきた上昇基調がやや一服といった様相が見受けられます。
ただし、日米金融政策のコントラストが明確な状況下、余程の逆噴射エネルギーがない限り、現在の相場力学が変化するということはなさそうですが、言わずもがなではあるもののやはり油断は禁物。
ちなみにドル/円にフォーカスしてみると、黒田バズーカ第2弾が放たれた10月31日の安値が109.17円と、その後の高値が11月20日の118.96円を結んだフィボナッチ・リトレースメントの38.2%押し水準が115.22円レベル。
当面はこのあたりまでの“押し”も想定に入れつつ、押し目を買い拾うために余裕を持ったキャッシュポジションを準備しておくのも一案。

一般的に、「感謝祭からクリスマスまでは相場は上がりやすい」と言われていますが、一方で「感謝祭で笑った者はクリスマスに泣く」とのシカゴの相場格言もあることに留意する必要も。

国内では来月2日に衆院選公示も控え、選挙戦は<日本株買い・円売り>の材料になりやすいとも一部伝えられているものの、これもまた「Buy the rumor , Sell the fact」(=噂で買って、事実で売れ)の可能性も考慮する必要があります。
いずれにしても、衆院選投開票日の来月15日からクリスマスまでの期間に相場の潮目が変わる可能性も視野に入れながら、【三十六計逃げるに如かず】こそが最上の作戦であることを忘れずに相場に対峙してみてはいかがでしょうか?

ドル円

マネースクウェア プラスPROJECT 第1弾
トルコでトラリピ!トラップでトルコ!トルコリラ/円特設ページ

http://www.m2j.co.jp/landing/tryjpy/?adid=hp00335&p=home

土日で学ぶFX!全国セミナープロジェクト2014・沖縄セミナー[基礎編]
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2347
※M2Jの開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(テレビ)
日経CNBC「FXマーケットスクウェア」(月~金 20:00~20:05)

http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/

当社提供番組(ラジオ)
ラジオNIKKEI ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント|比嘉 洋様 ご寄稿記事
bn_350_80

津田 隆光|マネースクウェア・ジャパン

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」では隔週金曜日にコメンテーターを務める。