マーケット

2015年度のドル円相場の復習をしてトレードに活かそう!

【著者】

皆様、はじめまして!!みんかぶで編集部みならい助手を務めることになった藤田です、よろしくお願いします。僕自身もFXをはじめて1年くらいになるので、勉強しながら初心者の方々にわかりやすい記事を書いてゆけたらと思います!

さて、今月いっぱいで2015年度末が終了します。最近、FXを始めた人はもちろんトレードはしているけど普段あまりニュースをみない方も参考にしてみてください。

キーワードは『アメリカ』と『中国』

2015年のドル円は「アメリカが利上げをするかもしれない」という期待感から多くの投資家に買われました。それと正反対のように「中国の経済が悪いんじゃないか」という不安感から売られる場面もありましたが、結局は年内の利上げの期待感から安いところは買われました。高値125円安値115円という約値幅10円の相場でしたが、これはドル円相場の1年を通しての相場ではきわめて狭い値幅だそうです。

^E1277517C05D88595BF4D955E81900CB8C3D9EA6C74EFD778E^pimgpsh_fullsize_distr

4月~5月 約7年振りの高値を更新
FRB議長のイエレン議長の「利上げは年内が適切である」という発言もありながら投資家のあいだで「もしかしたら6月に利上げするかも!?」という期待感が高まりドル円は119円から124円へ上昇しました。

6月 年内高値の125円へ!黒田日銀総裁がバリア
6/5には高値125円をつけます。しかし、あまりに円安が早く進むと日本の経済によくないといった理由から、日銀の黒田総裁が「これ以上の円安はありえない」という為替に対する牽制の発言をしたことから、ドル円は急落。これは黒田ショックと呼ばれました。

7~8月 ここから全てがはじまった「チャイナショック」
6月下旬ごろから中国上海の株が急落し始めました。中国政府は次々に対策をだすもまったく効かず、不安感からドル円は7月8日に120円を記録。しかし、その後中国政府が株を売る人を逮捕することを発表。このことから一時的には安心感を生み事態はおさまったかにみえました。
しかし、8月になると突然中国が人民元の切り下げを発表したことで投資家の不安感が再燃し125円を回復していたドル円はじわじわ売られます。この間、世界的に株価も売られリスクオフの流れに傾きました。そして、8月24日にNYダウは1日で1000ドルの暴落を記録。ドル円はたった1日で5円暴落しました。

9月~12月 FRBが9年半振りに利上げを決定
8月24日以降は、あまりに急激に売られすぎたこともあり、相場は落ちつきました。そして、再びFRBの利上げの期待感が増し12月のFOMCへ向けてドル円は123円台まで上昇。そして、12月17日のFOMCで9年半振りに0.5%の利上げを実施します。

2016年の始まりは『原油価格』と『銀行株』

今年は年初から再び中国経済不安が上海株の暴落しました。また、原油価格の下落により、世界的に株価が売られ、ドル円も売られました。安部政権としては日経平均がこのまま暴落してしまうとアベノミクスは失敗に終わり、6月の参院選に大きく響くことになります。そんな中、1月29日に行われた日銀金融政策決定会合では、マイナス金利を導入を発表しました。これをうけドル円は118円台から121円半ばまで上昇しました。

2月 日銀のマイナス金利をうけて一件落着にみえたが、新しく出てきた「銀行リスク」

本来ならマイナス金利を導入したことにより、日本円の価値の低下により円安が進みドル円は125円を目指すといわれていました。しかしマイナス金利の導入により、銀行の収益悪化が懸念され銀行株が下落。日経平均の上昇に歯止めをかけることになりました。
(参考:Q&A:円安になったと思ったら急激な円高に、その原因は?

また一説によると、こういった事態を見越した海外のヘッジファンドが日銀の発表後に大量の円買いをしたのではないかという話もあります。

翌週からドイツ銀行の15年決算見通しが過去最大の赤字になるという報道をうけ、再びリスクオフが再燃。ドル円は過去2年間の安値であった115円を下抜け、2月11日に111円まで下落することになりました。
(参考:ドイツ銀行、銀行受難時代の象徴

3月にはいってからは相場は落ち着きを取り戻してきました。ドル円はざっくりいってしまうと安値111円、高値115円のレンジに収まっていると言えるでしょう。4月以降のドル円相場に関しては、アナリストのなかでも100円方向に進むのか、120円方向に進むのかで意見が割れているところです。

これからの相場は2015年の相場の流れの延長戦です。
2015年の相場の流れを決める大きな材料となったアメリカ利上げと、中国の動向が重要になると思います。

アメリカに関しては、今後の利上げの回数が注目されています。
一方中国は、ゾンビ企業という新たなリスクも明らかとなってきています。

これらのトピックスをチェックしてけば、今後の相場の大きな流れをつかめるとおもいます!

藤田 真史|みんかぶ編集部アシスタント

藤田 真史|みんかぶ編集部アシスタント

2015年よりFXをはじめて修行中。好きなものはリスクオフ相場。趣味はショートすること。初心者の方々にわかりやすい記事をお届けします!!