【東京市場】もみあい

16日の東京市場でドル円は106円台前半でのもみあいに。朝方はいったんドル安が強まり106円03銭を付けたが、大台を割らずに値を戻すと、昼前に一転して106円27銭まで。動きはそこまでで、その後午後に入っては午前のレンジの中でのもみあいに。
週末を前に積極的な取引を手控える動き。トランプ大統領などの発言で一気に相場が動く中で、週末越えのポジション作成を避けたいとの思惑も。

昨日1.11割れを付けるところまで値を落としたユーロドルは1.11ちょうどばさみでの値動き。20ポイント弱の狭いレンジでもみ合いとなった。欧州の景気鈍化懸念が9月のECB理事会での緩和期待につながる形でユーロの頭を抑えている。

ポンドは比較的しっかり。1.21台を回復し1.2122まで。合意なき離脱懸念が継続も、夏休み期間中で英議会はお休みで新規材料に欠ける中、買い戻しが優勢となっている。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中