【東京市場】先週末のドル高に調整も限定的

 ドル円は一時109円台半ばを割り込むなど先週末のドル高局面に対する調整が広がった。もっとも押し目は限定的で落ち着いた動きに。

 中国GDPが予想通りとはいえ、四半期ベースで2009年以来の前年比+6.4%にとどまり、2018年の成長率は28年ぶりの低水準となる6.6%にとどまったことや、米中の通商摩擦問題に関して、知的財産権問題では交渉が進んでいないとの報道が重石となったが、下がったところでは買いが出た。

 中国・香港株がしっかりで、リスク警戒の動きが限定的に。今晩が米国の祝日で休みとなっている米株先物時間外取引は軟調も、ドル売りの動きは続かず。

 先週末に大きく下げたユーロドルでもドル買いの調整が入り1.13台後半での推移。

minkabuPRESS編集部山岡和雅 

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中