【東京市場】狭いレンジでのもみ合い、様子見ムード

 ドル円は朝から17銭レンジ。米中関係の悪化懸念で今週109円02銭と109円割れ目前まで値を落とす場面の見られたドル円は、前日の東京朝のトランプ大統領による発言を好感し、109円台後半に上昇。昨日の海外市場では東京市場の上値をわずかに更新も109円77銭までと110円がやや遠い印象となり、109円60銭台で今朝の東京市場を迎えた。
 寄り付きはプラス圏となった日経平均がマイナスに転じ、ダウ平均先物の売りなどもあって109円52銭近辺まで値を落としたドル円。トランプ大統領が国家安全保障上のリスクをもたらす通信機器を米企業が使用することを禁じる大統領令に署名方針との報道も重石となった。その後東京株式市場が回復。令和初となるプラス圏で一日の取引を終えそうな流れになり、リスク警戒の動きが一服した。
 もっとも、戻りも鈍く値幅は限定的。

 1.12ちょうど近辺がサポートとなっているユーロドルは11ポイントの狭いレンジでのもみ合い。
 ユーロ円は123円ちょうど近辺が依然重く122円台後半推移。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中