【東京市場】FOMC控えてドル円こう着、米小売売上高は利下げ観測を左右するか

14日の東京外国為替市場で、ドル円は108円前半でこう着。来週の米連邦公開市場委員会FOMC)を控えて模様眺めムードが強い。先週末の5月の米雇用統計で米利下げ観測が高まり、来週のFOMCに対する注目度が一気に増した。今晩は5月の米小売売上高が発表される。

ユーロ円は122円前半、ポンド円は137円前半で小動き。ユーロドルは1.12ドル後半、ポンドドルは1.26ドル後半と、対ドルでも欧州通貨は動意薄。

豪ドル円は74円後半、NZドル円は70円後半まで下落。豪ドル円は1月以来の安値を更新。ドルやユーロに対してもオセアニア通貨は下げている。豪州やNZには他の主要国と比較して利下げする余地が多いことから、利下げ観測が強い現在のような局面では売られやすい。

minkabu PRESS編集部

佐藤昌彦 | minkabu PRESS編集部

佐藤昌彦 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属