【東京為替】ドル円が一時106円80銭割れ

 ドル円は先週末の安値を割り込み、一時106円78銭まで値を落とす展開となった。1月3日以来の安値。米国の早期利下げ期待がドル売りを誘っているほか、トランプ大統領が日米安保破棄の可能性に言及との米メディア報道や、イラン外務省が米国が昨日発表したイラン指導者の資産凍結などの新たな制裁に対して、外交的道筋を永遠に断つものと強く反発したことなどがドル安円高に。
 米紙が中国の複数の銀行が北朝鮮制裁がらみの違反と報じたことも、中国株の大幅安を誘って、リスク警戒につながっている。
 米10年債利回りは6月20日以来の1.98%まで下落。午前中プラス圏推移の米ダウ平均先物時間外取引はマイナスに転じ、さらに50ドル超の下げと債券高(利回り低下)、株安と、リスク警戒の強い相場展開が見られた。

 ユーロドルは米債利回りの低下などを受けて1.1412近辺まで一時上昇も、その後1.13台に。リスク警戒のユーロ円売りが重石に。ユーロ円は122円台半ばて前の水準から121円台に下落。一時121円85銭近辺まで。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中