【東京市場】株安が円高誘う

 8日の東京市場でドル円は111円05銭近辺までと、円高が後場に入って加速する展開となった。
株安の動きがリスク警戒感を誘う展開に。

 前日のECB理事会での成長見通し大幅引き下げや緩和措置を受けて警戒感が強まり、朝から株安の動き。さらに2月の中国の貿易統計がかなり弱く出たことで、中国株が大きく崩れ、日経平均も後場に入って一時21000円を割り込むなど売りが強まる展開に。

 ユーロ円が朝の125円近辺から124円台前半へ、豪ドル円が78円40銭台から77円80銭割れと、クロス円でも軒並みの円高に。
対ドルでの動きはそれほど大きなものではなく、ユーロドルは1.12台を回復とドル円同様にドル安。
中国との関係が深い豪ドルは0.7020台から0.7004を付けるなど対ドルでもやや豪ドル安に。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中