【東京市場】ドル円はしっかり

 昨日のNY市場で111円台に乗せた後、高値圏もみ合いで迎えた14日の東京市場。朝方は利益確定の動きも見られ、111円台を維持できず、少し調整が入った。しかし110円90銭割れでは買いが入るなど地合いはかなり堅調。押し目は110円87銭にとどまっており、午後にも111円台を付け、昨日の高値を超えて111円13銭と、昨年12月以来の高値を付ける場面が見られた。最も売りも断続的に入ってきており、高値更新もドル買いは盛り上がらず揉み合い。

 ユーロは買い戻しが優勢に。朝方、前日海外市場からのユーロ売りドル買いの流れに1.1250近辺まで値を落としたユーロドルは1.1280台を回復した。直近の安値を割り込み、昨年11月以来の安値を付けたユーロドルであったが、同水準から売り込む勢いは見られず。

 そのほか目立ったのは豪ドルの買い。12時の中国貿易統計が強めに出たことで、中国の景気鈍化懸念が後退。豪州は対中輸出が経済の生命線となっているだけに、対中輸出拡大を期待される同指標結果に買いが強まり、対米ドルで朝方の0.7080台から0.7120台まで買いが入っている。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中