トルコリラ/円、7日TCMB(トルコ中銀)会合結果に要注目!

以下、トルコリラ/円・日足・スパンモデル®+21日BB(ボリンジャーバンド)+パラボリック+DMI(方向性指数)をご覧ください

上図チャートの各メルクマールを確認すると、1) 21日MA(移動平均線)が右肩下がりとなっていること、2) 遅行スパンがローソク足の下方にあること、3) ローソク足が赤色の雲(=抵抗帯)の下辺付近にあること、4) 各BBが21日MAに向かってやや収縮(スクイーズ)しつつあること、そして、5) DMIで-DI>+DIの乖離幅が縮小しつつある(上図青色点線丸印)ことから、トルコリラ/円は下降トレンド一服の時間帯であることが分かります。

上図チャートのポイントは2点。まず1点目は、前述の通りDMIにおいて-DI>+DIの乖離幅が縮小している点。これからの時間において-DIと+DIが交差し、その後+DI>-DIへと変化した場合は、トルコリラ/円の下降トレンドが「一旦小休止」となる可能性も。

そして2点目は、ローソク足が先行2スパン(≒24.65円)を上抜けブレークするか否か。(※6/1時点Bid値基準) 同スパンは、直近高値(4/30 27.04円)と同安値(5/23 22.22円)を結んだフィボナッチ・50%ライン、いわゆる“半値戻し”水準の近似値となっており、上抜けブレークの成否は足もとのトルコリラ/円にとって重要な要素となりそうです。

その一方で、トルコリラ/円の週足および月足チャートでは、明確な下降トレンド形状となっていることから、足もとでのトルコリラ/円の上昇はあくまで“デッド・キャット・バウンス”(=一時的/刹那的な上昇)と見た方が良いでしょう。

足もとのファンダメンタルズ材料としては、次週7日に予定されているTCMB(トルコ中銀)の金融政策会合において、マーケットサプライズとなり得る程度の大幅な追加利上げがあるか否かがポイントとなるでしょう。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットスクウェア)
「イタリア危機でユーロ売り進展か」
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。