米ドル/円、トランプ発言もあり“上昇一服”シグナルが示現中

【注目ポイント】BB・+1σラインでサポートされるか否か
【見通し】 「バンドウォーク崩れ」→「111.61円」付近までの下押しの可能性も

19日の米CNBCによるインタビューにおいて、トランプ大統領がFRBの利上げに対し満足に感じていない」と答え、米金融当局による利上げスタンスを批判したこと、また「強いドルは米国を不利な立場に導く」との立場を取ったこともあり、本稿執筆時点(7/20)では米ドルが主要通貨に対して弱含む動きとなっています。

上図チャートでは、1) 21日MA(移動平均線)が右肩上がりであること、2) 遅行スパンがローソク足の上方に位置していること、そして3) ローソク足がBB(ボリンジャーバンド)・+1σラインおよび青色の雲(=サポート帯)の上方に位置していることから、引き続き上昇トレンドを示すチャート形状となっていることが分かります。

その一方で、足もとにおけるトレンド変化を示唆するメルクマールが2点視認できます。

まず1点目は、パラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)の動向。SARは19日時点でローソク足の上方で点灯する「売りサイン」に転換しており、6月12日に当該メルクマールが「買いサイン」に転換して以来の変化となり、「上昇一服」のシグナルと捉えて良さそうです。

そして2点目は、SSTC(スローストキャスティクス)の動向。20日時点では、SSを構成する2本の線が、「買われ過ぎ」を示す80%ライン付近で交差し、その後右肩下がり形状になりつつある(上図黄色丸印)ことから、これからの時間において80%ライン割れを示現する、いわゆる“デッド・クロス”となった場合は、もう一段の下押しの可能性も。

足もとの注目ポイントは、ローソク足がBB・+1σライン(≒112.24円、上図黄色矢印)でサポートされるか否か。仮に、終値レベルで同ライン割れとなった場合は、先行1スパン(≒111.61円)付近までの下押しを考慮した方がよさそうです。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットView)
夏期集中テクニカル講座 『ボリンジャーバンドの基礎と実践』
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。