豪ドル/円、年末までの上昇パターンが今年も当てはまるか

【著者】

【注目ポイント】「81.50円」の上抜けブレーク可否
【見通し】 「テクニカル分析」+「アノマリー分析」→『8月後半買い』が有効か

先月27日の当コラム(「『8月相場』の季節的アノマリーについて」)でもお伝えした、【8月は豪ドル安になりやすい】という季節的アノマリー(※)。

8月前半(8/1~15)の高安レベルでは「▲3.38円」、また昨日(8/22)までの終値レベルにおいても「▲1.43円」となっていることから、【8月=豪ドル安アノマリー】は今のところワークしていると捉えて良さそうです。(※アノマリー:マーケットにおいて、はっきりとした理論的根拠を持つ訳ではないものの、よく当たるかもしれないとされる経験則・パターンのこと。)

その一方で、【豪ドル/円は、8月後半から12月後半にかけて上昇しやすい】という季節的アノマリーの存在も。(※2000年以降2017年までの18年間では16回の陽線引け。陽線引け率は.888。) [注:「8月終値起点、12月終値終点」での計測]

こういったアノマリーを踏まえた上で、豪ドル/円・日足チャートを見てみると、足もとではトレンド変化の兆しが見受けられます。

上図チャートでは、1) ローソク足BB(ボリンジャーバンド)・-2σライン付近にある状態で、2) SSTC(スローストキャスティクス)の2本の線が20%ライン付近で交差し、その後右肩上がりとなる“ゴールデン・クロス”となり、また3) ローソク足がBB・-1σラインを上抜けブレークしたケース(上図赤色丸印)では、その後BB・+2σライン付近まで上昇するパターンが視認できます。

24日時点では、上記1)2)3)が概ね示現(上図黄色丸印および黄色矢印)していることから、これからの時間において、豪ドル/円は徐々に上値を試す相場展開となることが想定されます。

チャートのパターン分析に基づく縦軸予測では、BB・+2σライン(≒83.30円)付近までの上昇が、また、季節的アノマリー分析に基づく横軸予測では、これから12月末までの緩やかな上昇が想定されます。

目先は、ローソク足が終値レベルで21日MA(移動平均線)である「81.50円」(24日時点Bid値)を上抜けブレーク可否がポイントとなるでしょう。

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットView)
ジャクソンホール会議の要諦と米ドル/円の見通しについて
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。