豪ドル/円、打診買いがワークするか

【著者】

【注目ポイント】BB・-2σラインとSSTCの“ゴールデン・クロス”
【注意点】逆張り系オシレーター指標特有の“フェイク(ダマし)”
【投資戦略アイデア】 「打診買い」

今月はじめからの下押し基調に対して、やや下げ止まり感が見られる豪ドル/円

上図チャートを見ると、1) 21日MA(移動平均線)の方向性が横向きであること、2) 各BB(ボリンジャーバンド)が21日MAに対してパラレルに推移していることから、豪ドル/円・日足チャートでは、レンジ相場を形成していることが分かります。

チャートにおけるアナロジー(類比)分析をすると、以下のような共通項が確認できるケースでは、その後上昇トレンドが発生していることが視認できます。

(a) ローソク足BB・-2σライン付近でサポートされるような形状となっている。
(b) SSTC(スローストキャスティクス)を構成する2本の線が「売られ過ぎ」を示唆する20%ライン付近で交差し、その後右肩上がりとなる“ゴールデン・クロス”となっている。

(※上図黄色丸印)

逆張り系オシレーター指標特有の“フェイク(ダマし)”(上図青色四角枠)には留意する必要がありますが、概括すると、上記(a)(b)のケースでは、その後概ねBB・+2σライン付近までの上昇フローが発生しています。

以上を踏まえた上で、12日時点のローソク足およびSSTCを見ると、以下のようなメルクマールが確認できます。

(a’) ローソク足がBB・-2σライン付近(上図黄色矢印)でサポートされるような形状となっている。
(b’) SSTCが“ゴールデン・クロス”を示現しつつある。

(※上図赤色丸印)

繰り返しながら、逆張り系オシレーター指標特有の“フェイク(ダマし)”には十分注意しつつ、【打診買い】※を仕掛けてみるのも一案でしょう。(※打診買い:相場の下落局面において反発の可能性に期待しつつ、小口の買い注文を入れること。)

マネースクエア提供動画視聴サイト

M2TV(FXマーケットView)
3分チェック!株式市場急落の背景は?
チャート定線観測で見る!主要通貨ペア、足もとの重要ポイントは?
マネースクエア主催セミナーカレンダー(会場・WEB)
※マネースクエアが開催するセミナーには店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。