FXコラム

急落!しかし底堅いトルコリラの今後

【著者】

先々週はトルコリラ/円の急落で幕を開けた1週間でした。
記事を書いているうちに時間が経ってしまいましたが、上昇が鮮明となっておりますので、きちんと書き終えたおきました。

一体何があったのか?それ以降の値動きがどうだったのか?を振り返っておきたいと思います。

トルコリラ/円1時間足チャート


出所:デューカスコピー・ジャパン

トルコリラ/円は直近数カ月間30円台で推移していました。

しかし、週明けの10月9日に急落しました。

デューカスコピー・ジャパンのトルコリラ/円チャートでは、急落時の最安値が29.478円となっていました。
前日の終値が31.1円前後のため、約5%超の下落となりました。

高金利通貨ペアのトルコリラ/円は買いポジションを持っているだけで多くのスワップポイントを手に入れられるとあって、日本人投資家には高い人気を誇っています。

しかし、今回の急落ではストップロス注文も巻き込んだのではないでしょうか。
それほどの大きな急落でした。

一体、何があったのでしょうか?

トルコリラ急落の背景

トルコ共和国国旗 トルコリラ急落の背景は在トルコ米大使館がトルコでの難民関連を除いた全ビザ発給業務の停止を発表、その直後トルコ共和国側も対抗措置としてビザ発給業務を停止したことが理由です。

アメリカがトルコのビザ発給業務を停止した背景は、2016年7月にトルコで発生したクーデターに関する捜査過程で在イスタンブール総領事館のトルコ人職員の逮捕に対する報復措置とみられています。

しかし、アメリカとトルコ間の空気は2016年7月クーデター発生時、トルコリラがクーデター首謀者と目しているギュレン師の身柄引き渡しを巡る争いから一切改善の兆しは見られません。

イスタンブールの株式相場も冴えない状態です。

さらに、最近、ここに新たな火種が加わろうとしています。

クルド人自治区の独立問題が与える影響

先月9月25日、イラク北部のクルド人自治区で独立に関する住民投票が行われました。

投票の結果90%を越える住民が独立賛成という結果になりました。

そのため、クルド人自治区とイラクの中央政府の対立は激化し、それに伴いトルコは空路を封鎖、国境近くへ戦車部隊も配置したそうです。

クルド人は自国を持たない民族として有名ですが、シリアやイラクにおけるISISとの戦闘ではクルド人も戦闘へ加わりました。

そのため、ISIS壊滅を目指すアメリカ合衆国としてはクルド人自治区に対しての武力援助を行っているとされ、ISISが壊滅に近づいている今、過去のアメリカの援助はクルド人と敵対しつつあるトルコ共和国からすれば厄介な種になりつつあり、それがアメリカとトルコとの関係改善に対しても暗い影を落とし始めています。

急落でも買い場?トルコリラの動向

トルコリラ/円週足チャート

出所:デューカスコピー・ジャパン

先述の通り、トルコリラ/円は10月9日に急落をしました。

しかし最終的な週の終値では30.70円超まで値を戻しており、週明けも30円台後半を維持しています。

その週の週足確定後のチャートを見る限り、中期的な上昇チャネルを下抜けるまでには至っていません。

つまり、先日の急落はあくまで一時的なものであったと現時点では言えそうです。

筆者の友人はトルコリラ/円を31円~29円の間に数十銭おきに指値をセットしていたらしく、結果としてうまく安値を拾うことができたようです。
ひろぴーさんも相変わらずナイストレードですね!
参考記事:FXで大人気の高金利通貨!トルコリラはいま買いか?

先日の急落は良い買い場とすることができた訳です。

トルコリラ/円はこのように急落をする可能性が十分ありますから、低レバレッジでの運用が適していると思います。

今後のトルコの情勢に不安感は当然あるものの、やはり高金利は魅力的ですので資金管理を軸にしながら長期トレードを心がけていきたいと思います。

トルコリラ円 日足チャート

トルコリラ円を取引するならヒロセ通商がオススメ

トルコリラ円はスワップポイントが高いことで日本人個人投資家から人気です。

そのため、低金利の日本円を売って高金利のトルコリラを買う取引、つまりはトルコリラ円のロング(買い)ポジションを保有しているとスワップポイントが高額で手に入れることが出来ます。

しかし、トルコリラ円含めスワップポイントはFX会社各社で異なります。

それでは、トルコリラ円のスワップポイントが高水準にあるFX会社はどこでしょうか?

筆者のオススメのFX会社はヒロセ通商(LION FX)です。

hirose1turkey

ヒロセ通商ではトルコリラ円のスワップポインを1万通貨当たり106円/日受け取ることが出来ます。

このヒロセ通商のトルコリラ円のスワップポイントでFX業界最高水準です。

それでは仮に10万通貨のポジションを長期にわたって保有した場合、受け取ることができるスワップポイントはいくらくらいになるのでしょうか。

具体的にスワップポイントを計算してみましょう。

hirose2

スワップポイントは、30日で31,800円受け取ることができる計算になります。

従って、単純計算ですが今回のトルコリラ円のレンジ相場がはじまった4月に10万通貨の買いポジションを構築し、9月まで約5か月間放置しておくだけで159,000円ものスワップポイントを受け取ることができたという計算になります。

トルコリラ円を1万通貨保有するのに必要な証拠金は13,000円程度ですから、約10%近い金額を受け取ることができたわけです。
完全放置しておくだけで、年間15万円も収益を得ることができる訳です。

もちろん、スワップポイント目当てで長期保有する場合には、資金管理を気を付けなければなりません。

ロスカットに合ってしまっては元も子もありませんからね。

そのため、ロングポジションを構築するならば、資金力30万円くらいでレバレッジ1~2倍前後(1~2万通貨程度のポジション量)を目安に、4月以降のレンジ下半分の31円台前半~29円台後半程度へ分散して買い指値を入れてじっくり待つ戦略が良いのではないかなと思います。

トルコリラ今後の売買戦略概要

・投資資金を30万程度用意
・29円台後半~30円台前半に買い指値を分散
・最大3枚程度のポジションを保有(必要証拠金25,000円程度)
・1日210円程度のスワップポイントを獲得

スワップポイントは日々変動しますし、長期で見た時にトルコの政策金利が変動する可能性も否定はできませんが、2万通貨程度でもヒロセ通商であれば単月6,000円程度、年間で72,000円程度のスワップポイントを得ることができますからね。

もっとリスクを引き下げたい場合には買いポイントをもっと安値に偏って置いておく、レバレッジを下げるために資金力を多く投下する、またはポジション量を軽くする等の手法が考えられます。

もし気になる方は、トルコリラ/円のレートが下がった時にいつでも参入できるように今のうちにFX口座を開設しておき、予め準備しておくことは必要です。
まだヒロセ通商のFX口座をお持ちでない場合には、この機会に口座だけでも開設してトルコの動向や米国など先進国経済の動向を見ながら判断しても良いかも知れませんね。

口座開設費用や口座維持費用は無料ですし、主要通貨ペアのスプレッドも狭く、1,000通貨単位の少額から取引が可能なため、FX初心者の方から経験者の方まで広くオススメできるFX口座のひとつだと思います。

また個人的に2011年からの筆者のメイン口座でもある為、どうしても他人に薦めたくなりますし、著名投資家であるYEN蔵さんもメイン口座の一つして利用しているそうです。

新規口座開設キャンペーンも始め、食品やトレードバトルなどのおもしろキャンペーンが沢山ありますので、是非ヒロセ通商のページを見てみてください。

ヒロセ通商キャンペーン
※キャンペーン詳細はヒロセ通商のホームページにて必ずご確認ください。

※本記事はトルコリラに対する投資を推奨するものではありません。銘柄選択、売買価格の決定、売買選択等の投資判断は、自身の判断・自己責任で行うようにお願いします。

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!