FXコラム

ディーラーの種類と待遇は?

【著者】

:ディーラーといっても、いろいろな種類の人間がいると教えていただきました。
ポジションディーラー、カスタマーディーラー、スポットディーラーなどです。銀行によって、ビジネスモデルが違うように、主力ディーラー(人数、給与など)は銀行によって異なりますか。

やはり顧客との売買でのスプレッドで収益を上げるのが、一番のビジネスなのでしょうか。そうなると、トレードディングで上達を目指すという夢がなくなりますが、現実はどうなのでしょうか。

ポジションディーラーは個人投資家によって立場が同じであり、憧れではありますね。

そうですね。

外為ディーリング・ルーム内には、ディーラーとセールス、ミドルオフィスとがいます。セールスは、カスタマーディーラーとも呼ばれ、顧客とのビジネスを取り次ぎます。ミドルオフィスは、ディーラーとセールスをサポートし、バックオフィスとの間を取り次ぎます。

ディーラーには、スポットディーラー、スワップディーラー、デポディーラー、オプションディーラーがいて、それぞれがポジションを持ちながら、セールスにレートを提示します。デポディーラーは短期資金の調達・運用ですから、スポットディーラーの動きによって変化する外貨を調達したり、運用したりします。

彼らに実績が伴ってポジション・テイカーになると、個人投資家のように、自分の相場観でトレードできるようになります。プロップとも呼ばれます。スワップやデポでポジションを取っても構わないとは思いますが、収益目標を達成するには、スポットやオプションを取引することになります。

給与は一般的にポジション・テイカーの方がいいのですが、安定面では劣り、解雇もされやすくなります。野球に例えれば、DHのように、打つだけの仕事になるからです。会社では大手、トレーディングに熱心なところの方が、一般的に人数も多く、報酬もいいです。

私がいた会社はどれも、少なくとも私がいた頃は、世界で最もプロップ取引に熱心だった会社や銀行でした。しかし、その後は下火となりました。潰れたところもあります。

金融機関は業者ですから、基本的には自分でリスクを取らずにスプレッドで収益を上げることが上策とされます。オプションなどを組み込んだ仕組み商品の販売は利益が大きく、良いビジネスなのです。とはいえ、自分がリスクを取ればもっと儲かるので、取り過ぎてはやられ、縮小することを繰り返してきました。

マイナス金利政策で、銀行は顧客ビジネスで収益を上げることが難しくなりました。今後は、ポジション・テイカーが行うようなプロップ取引が活発になるかもしれませんね。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。