CPI上振れで米長期金利上昇、ドル買いに

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/06/18

FOMCは3人の新メンバー

昨日の海外時間には、発表された米・5月消費者物価指数が予想を上回ったことから米長期金利が上昇し全般的にドルが買われました。

欧州時間序盤、発表された英物価指数が予想よりも弱い結果だったことからポンドが売られ、対ポンドでのユーロ買いが強まったことからユーロドルは1.3580付近まで、ユーロ円は138.50円台まで上昇しました。しかし独・6月ZEW景況感調査(期待指数)が予想を大きくした回る結果となるとユーロ売りが優勢となって、ユーロドルは1.3550台まで、ユーロ円は138.20円台まで反落しました。その後ややユーロは買い戻され、ユーロドルは1.3570台まで、ユーロ円は138.40円付近まで上昇し、ドル円は101.90円台に小緩みました。

NY時間にはいって、発表された米・5月消費者物価指数が予想よりも強い結果となったことから米長期金利が上昇し全般的にドル買いが強まってドル円は102.20円台まで上昇し、ユーロドルは1.3530台まで下落しました。

NY時間午後は、特段の材料もない中各通貨ペアとも狭いレンジ取引となりました。

今日の海外時間には米・第1四半期経常収支の発表があるほか、英中銀金融政策委員会(MPC)議事録の公表、米FOMCの金融政策発表が予定されています。

今晩のFOMCの発表では、さらに100億ドルの資産買入れ規模縮小が発表されると見られます。今回からメンバーが増え、スタンレー・フィッシャー副議長とブレイナード理事が、ピアナルト総裁の退任に伴ってメスター・クリーブランド地区連銀総裁がFOMCに参加します。
FOMC後にはメンバーの経済見通し公表とイエレン議長の記者会見も予定されていますので、ここまでの経済指標結果や、新なメンバーが加わったことでどのような変化があるのかが注目です。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ


[world cup][vertiul trade]

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト