米小売売上に注目

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/14

先週末、米国時間に発表されました米国3月の生産者物価指数は市場予想を大きく上回り今後の物価上昇へ向けた期待が高まる数字となりました。その後ミシガン大消費者信頼感指数の速報値も市場予想を上回る内容となり、消費者マインドに雪解けの気配がみられる結果となりました。経済指標からはドル高支援材料が続いたものの、米国金利を押し上げドル買いを推し進めるには力不足となりました。株式市場もナスダックを中心に下値を探る動きとなり、リスク回避色の強い相場が続きました。また、週末ということもあり、為替相場は鈍い動きとなりましたが、経済指標中心で伸びてきたポンドなどは上値の重さが目立つ推移となりました。
ユーロ圏要人からの追加緩和をちらつかせユーロ高を牽制するコメントが増え、早朝からユーロ売りが強まっています。

【主要通貨ペアの動き】
ドル円は101.32近辺をサポートに下げ止まりを見せ、101円台中盤での狭いレンジ内での推移を続けています。本日は米国時間に発表される米国3月小売売上に左右される展開となると予想されますが、市場予想を下回る結果となった際に節目の101.00、2月初旬の安値である100.75近辺をしっかりと守ることができるかどうかをしっかりと見極めたいところです。100.75を割り込むダブルトップ類似のネックライン割れとなり下落圧力が加速する可能性があるため注意が必要です。
また、安部首相が次回の日銀の金融政策決定会合までに黒田総裁との会合を考えていることが報じられていることから、消えかけていた追加緩和への期待が膨らみドル円の底を支える材料となるかもしれません。

0414usdjpy

ユーロドルはユーロ圏要人コメントからの追加緩和をちらつかせるユーロ高牽制発言が相次いでいることを受けて週明けから売りが強まり1.39をしっかりと上抜けることが出来ずに一旦調整という動きとなっています。
まずは1.38台を守れるかどうかに注目したいところです。ユーロドルも米国小売売上により上下に揺さぶられる展開になることが予想されますので発表前後には注意が必要です。

0414eurusd

ユーロ円は方向感はないものの上値の重い推移が続いています。引き続き140.00のサポートを守ることができるのかどうかに注目したいところです。割り込むと139.00、さらには137円台も視野に入れた下落圧力が強まると考えられます。上は先週2回上値を抑えている141.55近辺を上抜けることができるかどうかにまずは注目したいところです。

0414eurjpy

ポンドドルは1.68超えも2月中盤の高値1.682付近で失速、調整モードに入ってしまいました。再度この1.682を上抜けることができればもう一段の上昇も見込めると思われます。サポート候補となるのは4月1日のレジスタンスとなった1.668近辺が意識されると思われます。

0414gbpusd

豪ドルは0.946近辺まで上昇後、上値の重い推移に転じました。強い豪雇用で上昇を強めたものの冴えない中国の貿易収支や景気刺激策への期待後退などから伸び悩んでいます。
今週は再度0.946を上抜けることができるのかどうか、また3月末からレジスタンスとなっていた節目の0.93を守りきることができるかどうかに注目したいところです。

0414audusd

【本日の注目材料】
本日は米国時間にシティグループの決算発表が予定されています。
先週のJPモルガン等の決算内容が弱く、株価下落の材料の一つとなったことから、弱い結果となると株価を通じてリスクオフ材料の一つになるかもしれません。メインイベントと考えられるのは米国3月小売売上になります。市場予想は雪解けへの期待から若干強い数字となっていることから下回るとドル売り地合いが続く可能性がありますが強い結果となると先週から行き過ぎとも思われるドル安地合いを巻き戻す突破口となるかもしれません。米国10年債利回りも2.6%割れ目前のところまで下落しており、下げ余地も限定的と考えられることもサポート材料となりそうです。

また、ウクライナ東部で依然として不透明な情勢が続いており、西欧諸国とロシアとで何らかのアクションがあると再びウクライナが意識され、リスク回避色の強い相場へと向かう可能性があることは頭の片隅に置いておいてもよいと思います。

【本日の予定】
08:01 英4月ライトムーブ住宅価格
18:00 ユーロ圏2月鉱工業生産
21:00 シティグループ、1-3月期決算発表
21:30 米3月小売売上高
23:00 米2月企業在庫
翌3:00 ノワイエ仏中銀総裁、タルーロFRB理事講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト