マーケット

小粒揃いのラインナップ

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/13

昨日は欧州時間に発表された独ZEW景況指数が市場予想を下回り大きく低下したことから、ウクライナ情勢からの悪影響が先週の鉱工業等に続き鮮明にあらわれる結果となり、ユーロ売りを誘う場面が見られました。また、相場への影響は限定的でしたが、米国時間に発表されたイエレン議長も注目するJOLT求人件数が市場予想を上回る良好な結果となったことは地味ではありますが、ドルにとっての下支え材料となると考えられます。
また、ウクライナ情勢もロシアが人道支援を口実にウクライナ東部へ支援物資を運び込もうとしているなどの報道も出てきており、依然として不透明感を払拭できない状況が続き、ユーロは頭の重い推移が続いています。
先ほど発表された注目の本邦の第2四半期GDPの1次速報値はは市場予想ほど悪化しなかったことから市場の反応は限定的なものに留まりました。

スクリーンショット-2014-08-13-9.26.28

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は小動き。底は堅いものの上値の重さも目立ち、方向感の薄い推移が続いています。引き続き102円台をしっかりキープできるか、上は年初から上値の重くなる102円台後半ゾーンへ突入できるか、そしてレジスタンスとなっている103円を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。
本日は米国時間に米国小売売上の発表が予定されていることから、サプライズとなると短期的にどちらかに大きく振れる可能性もあるため警戒が必要です。

スクリーンショット-2014-08-13-9.17.25

上値の重い状態が続くユーロは1.333台ではしぶとい動きを見せ下ヒゲを残した推移が続いています。このサポートとなっている1.333を割り込んでくると下落圧力がさらに加速する可能性が高まります。ただし、短期的にユーロの売りポジションが相当数溜まっていることも予想されることから反発が始まるとショートスクイーズ状態となり短期的に大きな反発につながる可能性があることにも警戒が必要です。8月1日の高値である1.3445付近を上抜けたところなどにはストップ買いも溜まっていることがされるため注意が必要です。

スクリーンショット-2014-08-13-9.17.45

ユーロ円は方向感のない推移が続いています。137円台回復は引き続きお預けとなったものの底は底で堅い状態となっています。引き続き様子を見守りたいところです。

スクリーンショット-2014-08-13-9.18.07

ポンドドルは1.676を割り込んだ辺りで下げ止まり底堅い推移となり1.68台を回復となりました。このまま1.68台を守れるかどうかに注目したいところです。
本日は欧州時間に英国失業率、BOEインフレレポートとポンドへのインパクトの強いイベントが続くことから結果次第で上下に大きく振れる可能性があるため警戒が必要です。

スクリーンショット-2014-08-13-9.18.27

豪ドルは0.92トライはお預けとなり下げ止まっています。先週後半から0.924-0.929付近での狭いレンジ無いでの推移が続いていることから、上下どちらに抜けてくるかに注目したいところです。
本日はアジア時間午後に中国の鉱工業生産をはじめとする経済指標の発表が予定されており結果次第で大きく振れる可能性があるため注意したいところです。

スクリーンショット-2014-08-13-9.18.49

【本日の注目材料】

本日はアジア時間午後に中国の鉱工業生産、小売売上げなどの発表、欧州時間には英失業率、英インフレレポート、ユーロ圏鉱工業生産、米国時間には6ヶ月連続の増加となるかどうかに注目が集まる米国小売売上、FRB関係者のコメント機会などと小粒揃いのラインナップとなっています。
また、引き続きウクライナをはじめとする地政学リスクにも警戒が必要です。

【本日の予定】

08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨公表(7月14-15日開催分)
08:50 日4-6月期GDP(1次速報値)
14:30 中国7月小売売上高・鉱工業生産・固定資産投資
15:00 独7月消費者物価指数(確報値)
17:30 英7月失業率
17:30 英6月ILO失業率
18:00 ユーロ圏6月鉱工業生産
18:00 ギリシャ4-6月期GDP(速報値)
18:30 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)四半期インフレ報告
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
21:30 米7月小売売上高
22:05 ダドリーNY連銀総裁(投票権あり)講演
22:20 ローゼングレン米ボストン連銀総裁(投票権なし)講演
23:00 米6月企業在庫
23:30 米週間原油在庫
翌2:00 米10年債入札

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
デモトレ大会6回戦

佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト