注目PickUp

英国利上げする気なし!?利上げは2017年に後ズレ!

【著者】

今晩は、雇用統計!っといきたいところですが、昨日の復習から。

昨日はスーパーサーズデイという名の英国の金融政策決定会合でした。
議事録までは事前予想通り、現状の金利水準維持8票、利上げ1票という段階でしたが、インフレレポートから、以前に公表されていた時期が大幅に後ズレしておりました。

規定路線通りならば、2016年の4月~6月あたりを目途に利上げしますよ~~っと、声明があり、米国の次はポンドだ、というように、ヘッジファンドも米ドルの次にポンドを資金の投資先に選んでおりました。

これが『2017年の1月~3月ぐらいと後ズレでーーっす!』とBOEが言ってきたのです。

ここ最近、英国指標も軒並み堅調ですし、問題はないと思っていたのですが、BOE自身はかなりハト派でした。

よくカーニー総裁は以前言っていたことと、真逆のことを仰る方なので、マーケットで対応するには非常に大変なのですが、今回もその類でした。

個人的な見解ですが、どうやら、ポンド高を嫌がっている?ようで、遠回しに遠回しに金融政策にフェイクを入れながら、ポンドのポジションが貯まっていない、逆方向にうまく誘導しているように感じられてなりません。

一方的に誘導はせず、利上げは近いよ~~~!っと、言ってみたり、昨晩のように、低インフレなので、利上げなんて後ズレです~!っと、言ってみたり。

まあ、これに懲りて(僕含めてですが(笑))、ポンドに資金が集まることはなさそうです。だいぶ期待感でポジションを構築されていたものが大きく逆流をしそうです。
来週か再来週中には、ポンドドルは1.50、ポンド円は180~182円ぐらいまで到達するのではないでしょうか?

僕は完全に下目線でみております。

チャートを掲載しておきます。
ポンドドル●出所チャート:YJFX スマートフォンアプリ cymo

ポンドドル日足の一目均衡表です。

グランビルの法則のように、ローソク足チャートが綺麗にアーチを描いてきました。
雲はねじれそうでしたが、これはおそらく失敗でしょう。
再び、先行スパン1が下方向で先導しそうです。

また、もう1~3日もすれば遅行スパンもローソク足の下で推移し、三役逆転が出現します。

ローソク足でも綺麗なウェッジを形成しておりますし、記載通り、1.50をターゲットに数日間は推移するのではないでしょうか。

【一目均衡表でトレードできるアプリはYJFX!】
[YJFX-ad_468.60]

ブログはコチラ↓↓ FXや株など幅広いネタで毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン