米ドルインデックス

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/22

usd
データ:ジェネシス社 米ドルインデックス、 フィボナッチ

これまでブログでは円高を予測してきたが、残念ながら、ドル高傾向が一段と強まっている。7月のFOMC議事録で強い景気認識が示されたことやウクライナ情勢が欧州経済に暗い影を投げかけているとの認識から米ドルが買われている。

テクニカル分析から、米ドルインデックスは目先、83.040から83.225まで上げるだろう。2010年の高値を基準にフィボナッチ級数を調べたところ、やはり、同じレジスタンスになる。米株市場も堅調に推移していることから、このレジスタンスゾーンを上に抜く可能性が高まっている。米国債の金利は上昇していないこともあり、債券市場の参加者はこのドル高を疑問視している。ここから一気にドル高になり、安倍政権の背中を押すことになるだろうか?!

みんなの米国株
[YJFX-ad_468.60]

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

幅広いマーケットから相場を読み解く! 成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者