マーケット

リスク回避の巻き戻し

【著者】

昨日からの流れ

昨日は欧州時間以降に株式市場、原油価格が底堅い動きとなったことで市場のリスク許容度が改善し、円やユーロ売りが進む展開となりました。米国時間に発表されたISM製造業景況指数が市場予想を上回り、50台手前まで回復していたこともリスク許容度改善をサポートしています。
先週まで売られ続けていたポンドの下落は一服となり、上値は重いものの、底堅い推移となっています。また、原油価格が底堅い動きとなったため、カナダドルも引き続き堅調となりました。

本日の注目材料

本日は米国時間に雇用統計の前哨戦となるADP雇用統計の発表が予定されています。雇用統計の期待値に大きく影響する経済指標となるため、結果とその後の動きに注目したいところです。また原油在庫の発表も予定されており、結果により、原油価格が上下動することも想定され、市場のリスクセンチメントに影響が出る可能性があるため、その前後の動きには注意したいところです。

また、クーレECB理事のコメント機会が予定されており、ECBの追加緩和に関しての手がかりが出てくるとユーロが上下に振れる可能性があるため、注意が必要です。

主要通貨ペアの推移(2016/3/2)

USDJPY

ドル円は金曜日の下落分を取り戻す動きとなり、先週末のレジスタンスとなった114.00付近を上抜ける動きとなりましたが、伸び悩む状態が続いています。日足チャートでは2月16日のレジスタンスとなっている節目の115.00付近をしっかりと上抜ける動きとなると反発に勢いが付きそうな形となっているため、本日は115円トライに向かって上昇できるかどうかを確認したいところです。失速してしまうようであれば、111.00115.00付近でのレンジ推移が続く可能性が高く、方向感を欠く動きが続くことが想定されます。

ドル円

EURUSD

ユーロドルは上値は重いものの、下げ渋る動きとなりました。ちょうど昨年夏ごろからの高値を結んだ下降トレンドライン(すでに破られている)の延長線、サポート候補と考えられていた1.08に迫るところでは下げ渋る動きとなっています。日足チャートでは方向感を欠く足が出現しているため、本日は昨日の1.0831.09付近のレンジをどちらに抜けるで方向感を探っていきたいところです。

ユーロドル

EURJPY

ユーロ円は反発となり一時124円台に乗せる動きとなりました。日足チャートを見ると反発も一段落の可能性が高まっているように見えますが、先週末のレジスタンスであり、心理的節目となる125.00付近をしっかりと上抜けるまではまだ安心できないという状態が続いています。本日は昨日の欧州時間序盤のレジスタンスとなった123.3付近をしっかりと守れるかどうかに注目したいところです。

ユーロ円

GBPUSD

ポンドドルは下げ渋る動きが続き、1.4台を試すところまで上昇する動きとなりましたが1.4を超えたところでは上値が重く押し戻される動きとなっています。大きな下方向の流れは続いていることが想定されるため、時間足などで上昇トレンドラインを引くなどして、割り込んだところを攻めるなどという戦略などがいいかもしれません。

ポンドドル

AUDUSD

豪ドルは下げ渋る動きが続き、先ほど発表された豪GDPが市場予想を上回る結果となったことで上昇が勢いづいています。日足チャートでは持ち合いを下抜けかけていましたが、反発となり、今度は上抜けの可能性が強まっています。高値を結んだラインを突破するようであれば上昇に勢いがつく可能性が高まるため、接近した際には注意が必要です。

豪ドル

本日の予定

09:30 豪1012月期GDP
15:45 スイス1012月期GDP
17:30 クーレECB理事講演
18:30 英2月建設業PMI
19:00 ユーロ圏1月生産者物価指数
19:00 ブロードベントBOE副総裁講演
21:00 米MBA住宅ローン申請指数
22:15 米2月ADP全国雇用者数 
23:00 カンリフBOE副総裁講演
翌:0:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演
翌0:30 米週間原油在庫 
翌2:00 クーレECB理事議会証言
翌4:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト