FXコラム

オバマ氏を米最高裁長官に?

【著者】

米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が苦戦している。予備選が2月1日、アイオワ州で火ぶたを切るが、CBSが1月26日に民主党員・支持者を対象に実施した世論調査で、バーニー・サンダース上院議員が支持率47%と、クリントン氏の46%を抜いてトップに立った。サンダース氏はニューハンプシャー州でも支持率57%を獲得、クリントン氏の38%を突き放している。

それを受け、クリントン氏は現職のオバマ大統領の人気に預かろうとしたのか、弁護士でもあるオバマ氏を最高裁長官にする用意があると表明した。
参照:Hillary Clinton: Obama on the Supreme Court would be a ‘great idea’
http://www.marketwatch.com/story/hillary-clinton-obama-on-the-supreme-court-would-be-a-great-idea-2016-01-27?dist=tbeforebell

私は司法職としてのオバマ氏には期待していない。オサマ・ビン・ラディン氏を法律ではなく、私刑で裁いたからだ。おかげで、米911テロの真相は永久に闇に葬られた。

911テロは、発生直後から米国自身(軍産共同体)の陰謀だと言われていた。証拠がないままにオサマ・ビン・ラディン氏が首謀者とされ、同氏がアフガニスタンに逃げ込んだということで、アフガニスタン侵攻が始まった。

米政府はアフガニスタン政府(タリバン政権)に、オサマ・ビン・ラディン氏の逮捕、引き渡しを要請したが、タリバン政権が黙殺したので、軍事介入しタリバンを政権から追いやったのだ。

保有してない大量殺戮兵器を引き渡せと、イラクのフセイン政権を壊滅させたのと同時期だ。その後、米国はイラクに親米政権を作り、現在も多額の軍事援助を行っているが、未だに大量殺戮兵器は見つかっていない。

ちなみに、米政府はアフガニスタンにも多額の軍事援助を行っている。同国の親米政権は、その軍事費で米国から大量の武器を購入している。イスラエル、エジプト、パキスタン、イラクなども同じ構造だ。

他国への言いがかり的な軍事侵攻は、それだけでも国際法違反だが、911テロ陰謀説を封じ込めるためにも、オサマ・ビン・ラディン氏を逮捕し、法廷で裁くことが必要だったはずだ。

しかし、米政府はパキスタンの自宅で家族と無防備でくつろいでいたオサマ・ビン・ラディン氏を、その場で射殺した。のみならず、殺害の状況を、ホワイトハウスのテレビで歓声を上げて見物するオバマ大統領の映像と共に、全世界に放送した。その隣にはクリントン国務長官も座っていた。クリントン氏も弁護士だ。私は同映像を、「民主主義を標榜する法治国家にも、法律に優先する政治事情がある」という、全世界に対する米国のメッセージだと受け取った。

911テロでは、富士銀行ニューヨーク支店の職員をはじめ、多くの日本人も犠牲となった。遺族にとって、さして狂暴だとも見えないオサマ・ビン・ラディン氏が首謀者であると分かっても納得がいかないが、真相究明のための最重要人物の明らかな「口封じ」は、もっと納得がいかないはずだ。しかし、すべてが過去のものとして、葬り去られたのだ。私自身こう書くことを、過ぎたことを蒸し返しているように感じているくらいだ。

オバマ氏を米最高裁長官に? 自身の大統領を含め、クリントン氏のブラックジョーク好きは、トランプ氏にも負けていない。中国、ロシアも笑えない。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。