マーケット

米国債10年物先物Tnote

【著者】


データ:FreeCOTdata 米国債10年物先物TnoteのCOTレポート

大口投資家のファンド筋と実需筋であるコマーシャルズのポジションがクロスする寸前になっています。ここまでコマーシャルズが順調に買いヘッジしてきていることを考えると、そろそろ、Tnote先物はボトムをつけて反発しそうです。


データ:ジェネシス社 Tnote先物、短期%R

Tnote先物の日足チャートを確認すると、既に買われ過ぎになっています。
ここは、押してきたところでロングを仕掛けたいところです。

12月に利上げ観測が強まっていますが、長期金利と短期金利には思っているほど相関は高くありません。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者