ドル円 vs. 米国債


データ:ジェネシス社 ドル円、米国債10年利回り指数

最近のドル円は113円台をまたいで112円から113円の間に取引されています。かなり長く横ばい状態が続いていますが、米国債10年利回り指数と比べると円高です。

FRBによる米政策金利の引き上げが発表され、大型の減税策が可決されました。税収の削減を懸念した米国債売りは思ったほど強くなく、ドルが対日本円で大きく買われていません。

ドル円と米国債10年利回り指数との間には高い相関が確認されていましたが、徐々にその関係は崩れてきています。

まだ、米国債の下落トレンドが始まったとは言えないこともあって、ドル円が上昇する可能性は残っています。相関関係は崩れたとき、大きなトレンドが発生していますが、まだうねりがきているとは言えません。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者