マーケット

米株式市場

【著者】

dowデータ:ジェネシス社 ラッセル2000指数、ダウ

トランプ新政権が月末にも発表すると言われる減税政策等の期待が高く、連日、優良銘柄が集まるダウ工業平均株価指数は上昇している。

しかし、中小型株中心で構成されているラッセル2000指数先物は持ち合いからブレイクしたが、勢いがなく、ブレイクアウトがダマシだった可能性が出てきている。

世界の投資資金がダウ銘柄に流れているようだが、意外とアメリカを支えている中小型銘柄の企業業績の今後については懐疑的のようだ。

FRBによる利上げは徐々に織り込まれているが、金利負担を懸念して株売り・債券買いが起きるように思う。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者