マーケット

地政学リスクへの警戒

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/18

金曜日の米国時間に発表された米国の経済指標はNY連銀製造業景況指数、生産者物価指数、ミシガン大消費者信頼感指数が市場予想を下回り、鉱工業生産はなんとか市場予想を上回る結果となりました。相場は冴えない米国経済指標を背景にドル売りが若干強まっていましたが、その後は、ロシアがウクライナ国境を越境、ウクライナ軍と衝突との報道に大きく反応し短期的に円、スイスフランなどの安全通貨に買いが入る場面がみられました。事態はNATOからのこれまでに見られた衝突の範囲内であったとのコメントによって落ち着きを見せていますが、引き続き緊迫した状況が続いていることから、事態の悪化の報道には引き続き警戒が必要です。
米国株式市場は軟調な推移が続き、米国債利回りも引き続き重い推移が続いています。

スクリーンショット-2014-08-18-9.27.55

【主要通貨ペアの推移】

金曜日のドル円は上下に振れたものの終わってみれば方向感の薄い状況となっています。本日以降もジャクソンホールのシンポジウムを控えて様子見モードが強まることが想定されますが、ウクライナをはじめとする地政学リスクが高まると円買いが進む可能性は十分に考えられること、また、ネガティブな報道ばかりではなくポジティブな報道により上方向への圧力が高まる可能性も考えられることも注意が必要です。

スクリーンショット-2014-08-18-9.29.29

ユーロドルは先週末の冴えない米国経済指標の支えもあり底堅い推移となり一時1.34台を回復する場面も見られました。しかし、ウクライナに関するネガティブな報道もあり、しっかりと1.34台を守ることはできませんでした。
引き続き下方向への圧力は強い状態ではありますが、先週末に発表となった火曜日時点での投機筋の通貨先物のポジション状況ではユーロ売りポジションが相当溜まってきていることから、先週頻発したような「ちょっとしたきっかけ」からのショートスクイーズには注意が必要です。

スクリーンショット-2014-08-18-9.30.07

ユーロ円は137円台をしっかりと回復し137.6付近まで上値を伸ばす場面も見られたもののウクライナ情勢の悪化から再び下へ叩き付けられ、なんとか137円台は守っているという状況になっています。長めの上ヒゲを残していることから本日は下方向への圧力に少し警戒が必要と考えられます。

スクリーンショット-2014-08-18-9.29.48

ポンドドルは下げ渋り反発に転じ1.67台を回復となりました。先週サポートとなったのは1.6657付近で4月15日の安値と同水準となったことから今後、このラインがサポートラインとして強く意識されると考えられます。また、先週末に発表となった火曜日時点での投機筋の通貨先物のポジション状況ではポンド買いのポジションが減少から増加に転じており、下げ止まりの可能性を示唆しています。短期的には相当、売られたことから反発地合にしっかりと入れるかどうかに注目したいところです。

スクリーンショット-2014-08-18-9.31.11

豪ドルは底堅い推移ではあったものの上値を伸ばしきれず、以前の強力なサポートであった0.933のラインを終値で超えられませんでした。金曜日のサポートが0.93であることから本日はこの0.93台を守れるかどうかに注目したいところです。0.93台を再び割り込むような動きとなると再び0.92を目指した波動が強まると予想されます。

スクリーンショット-2014-08-18-9.31.29

【本日の注目材料】

本日は欧州時間にユーロ圏の貿易収支、米国時間にNAHB住宅市場指数の発表が予定されていますが、ジャクソンホールのシンポジウムを控えていることから相場への影響は限定的なものに留まると予想されます。警戒が必要なのはウクライナをはじめとする地政学リスクでネガティブだけではなくポジティブな報道にも警戒したいところです。

【本日の予定】

08:01 英8月ライトムーブ住宅価格
18:00 ユーロ圏6月貿易収支
21:30 加6月国際証券取引高
23:00 米8月NAHB住宅市場指数

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
デモトレ大会6回戦

佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト