マーケット

ビットコイン円はポンド円のボラテリティを遥かに凌ぐ!

【著者】

英国国民投票後、高いボラテリティの相場が続いております。

ポンド円(GBP/JPY)なんかは、狂ったように乱高下。今後もこの値動きが続きそうです。

しかし、この値動きを遥かに超えていたビットコイン円。

それはいったいどれほどのボラテリティ相場であったのか、確認してみたいと思います。

ビットコイン円日足チャート

スクリーンショット (196)

これはすごいです。

ビットコインFXではレバレッジがMAX5倍まで取引できますが、それでもこの値動きは凄過ぎます。

ご覧の通り、6月は4万円台から2倍の8万円台まで。83000円から急降下、急上昇をしているような値動きです。

為替ですと、40円→80円→65円(現在ここ。)っといったようなものでしょうか(笑)

流動性はドル円やポンド円に負けないぐらい、充実した板の厚さです。

東証1部の個別株ぐらいでしょうか。

チャートも短い時間足に落としてもそれは綺麗なチャートを描くようになってきました。

5分足でもトレードできる具合です。

最近では、FX同様にレジスタンスラインやサポートラインもワークするようになってきまして、テクニカル分析も使いやすいチャートになってきたことは間違いありません。

ビットコインや仮想通貨情報が少ないのは未だ変わりませんが、昨年と比較すれば改善は徐々にされてきているでしょう。

そして来月7月は4年に一度のビットコインの半減期です。

世界のマイニング作業の報酬は1/2に減少しますので、ビットコインの価値が上昇する可能性があります。

ちなみに4年前はそのおかげで価値が4倍になりました。

来月はビットコインの値動きに要チェックになります。

ぜひ、注視しておいてくださいね!

関連記事

イーサリアムの価格が82倍に!
デジタル通貨の種類
・ビットコインが75000円突破!

参考元:bitFlyer(ビットコインFXも提供する、国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業bitFlyer )ビットフライヤー

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン