マーケット

週末リスクに注意

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/5/23

昨日はアジア時間の中国のHSBC製造業景況指数が市場予想を上回ったことから前日から強まりつつあったリスクオン地合いが更に強まり円が売られる展開となりました。
欧州時間に注目されたユーロ圏のPMIはフランスは市場予想を下回りとうとう50割れとなったのに対し、ドイツは製造業が低下したもののサービス業がその穴を埋め、ユーロ圏全体では市場予想通りの結果となりました。また、ドイツ連銀のバイトマン総裁が非伝統的金融政策が検討されるだろうとコメントしたことなどもありユーロが3カ月ぶりの安値をつける動きとなりました。
英国の第1四半期のGDP改定値は全体で速報値からの修正はありませんでした。ポンドは上方修正を期待したと思われる買いが事前に多く入っていたこともあり発表後は大きく値を下げ元気のない推移が続きました。
米国時間に発表された新規失業保険申請件数は市場予想の31.0万件を上回る32.6万件と前回から3万件増加となり発表直後はドル売りでの反応となりましたが、それほど弱くなくブレの範囲内ともいえる内容であったことからドル売りの流れは続きませんでした。その後に発表されたISM製造業景況指数の先行指標ともなるマークイットの製造業PMIは前回から上昇となりドル買いサポート材料となりました。
注目を集めた米国中古住宅販売件数は市場予想には届かなかったものの前月よりも増加となり市場へのネガティブな反応は限定的なものに留まっています。
米国債利回りは上昇、株式市場も堅調な地合いを維持しています。為替相場ではドルの強さが目立つ一日となりました。

0522ny

【主要通貨ペアの動き】

ドル円はリスクオン地合いに乗り反発となりましたが上値の重さも目立ち102円台へのトライはお預けとなりました。日足チャート上では未だ上昇基調が強まったという段階には至らず、今後は102円台の回復、そして5月13日の高値である102.36を上抜けることが出来るかどうかを見守りたいところです。

usdjpy0522

不沈空母ユーロは下値を切り下げバランスを崩し始めています。現状の1.365近辺をしっかりと割り込む動きとなると1.35近辺を目指した下落圧力が強まると考えられます。

eurusd0522

ユーロ円はドル円に支えられ下げ止まりを見せていますが上値の重さも目立ち139円を割り込んでの推移となっています。依然として下落基調は続いていると考えられ、今週の安値である138.15近辺を守れるかどうかに注目したいところです。ただし、現在はドル中心の相場となっているためドル円とユーロドルに挟まれて不安定な動きが続くと予想されます。

eurjpy0522

ポンドドルは1.69を上抜けたものの失速となりました。今週2度上値を抑えられている1.692を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。上昇基調は依然としてキープしていると思われるもののサポートの第一候補とされる今週守り抜いた1.68、下抜けると前週の安値1.673近辺が意識され、1.673を突破されると日足チャートではダブルトップのネックライン割れとなり大崩れの可能性が高まると考えられます。

gbpusd0522

豪ドルは中国の経済指標によりジャンプしたものの上値も重く下値を探る動きとなりました。しかし、依然として最終防衛ラインの0.92を守る動きは続いていることからこのまま下げ渋るようだと再浮上の可能性も出てきています。逆に0.92を割り込むようだと0.9割れも視野にいれた下落も想定されるため、少し見守りたいところです。

audusd0522

【本日の注目材料】

本日は欧州時間にドイツIFO景況指数、米国時間に新築住宅販売件数の発表が予定されています。IFO景況指数が弱い結果となると昨日から強まっているユーロ売りに拍車がかかると思われます。また前回大きく低下した米国新築住宅販売件数が反発できるかどうかにも注目したいところです。市場予想は前回の38.4万件に対し42.5万件に増加と期待が高まっています。
また、週末にかけて欧州議会選挙やウクライナ大統領選挙などリスク要因が控えていることから、意識され出すと現在のリスクオン地合いにブレーキをかける可能性もあるかもしれません。

【本日の予定】

欧州議会選挙
15:00 独1-3月期GDP(確報値)
16:30 リンデ・スペイン中銀総裁講演
16:30 ラウテンシュレーガー独連銀副総裁講演
17:00 独5月Ifo景況感指数
21:30 加4月消費者物価指数
23:00 米4月新築住宅販売件数
5月24日(土)
欧州議会選挙
メルシュECB理事講演
5月25日(日)
欧州議会選挙
ウクライナ大統領選挙
ベルギー連邦議会・地域政府議会選挙

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト