FXとは?

更新日:2017/12/21(Thu) 12:18

・FXは外国為替を取引するもの
・レバレッジを使って効率よく取引ができる
・株と違って24時間取引が可能!

FXとは英語の「Foreign Exchange」の略称。日本語では「外国為替証拠金取引」と難しい名前ですが、要は「通貨の動きを予測してトレードを行う投資商品」です。
よくニュースで「今日の外国為替市場の値動きは……10銭安」といった言葉を耳にするでしょう。日々、為替は国の経済状況などを加味して値動いています。
FXではさまざまな国のニュースや経済指標を見て、テクニカル分析を行って取引ができます。

人気の投資対象としては米ドルやユーロなどがあります。

FXの特徴は、証拠金をかけられる“レバレッジ”にあり!

少しの資金で高額取引できる FXは、日本語で「外国為替証拠金取引」というように証拠金で取引を行います。証拠金とは、担保にするお金。お金を預けてることで、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できるのです。

実際に投資している金額は必要なく、レバレッジ25倍の場合、約25分の1の金額を証拠金として差し入れれば取引を開始できます。レバレッジを使えば高額取引が行えるので1日に1円値動きがあるかどうかの為替市場でも利益に期待できます。

FXのレバレッジとは?

FXの特徴であるレバレッジ。レバレッジとは「てこ」のこと。てこを使うと小さな力で大きなものが動かせるように、少ない資金を証拠金として預けいれて、その証拠金を担保に大きな資金を取引できる仕組みです。

では、レバレッジ25倍だと証拠金はいくらになるのか、1ドル100円と仮定して計算してみましょう。

取引額
⇒ 100円×1万通貨=1,000,000円

証拠金(担保)
⇒ 1,000,000円÷25倍=40,000円

4万円を担保にして100万円の取引をしていることになります。

では、1ドル円100円の時に1万通貨を購入した場合、1円の値上がりでいくらの利益が発生するのでしょうか。

銀行預金の場合
レバレッジ1倍 ⇒ 100万円の投資で1万円の利益

FXの場合
レバレッジ25倍 ⇒ 4万円の投資で1万円の利益

※手数料やスワップ損益等により実際の利益は異なる場合がございます。また、売りから取引を開始した場合は1万円の損失となります。

本来、100万円する1万ドルを4万円で取引できると考えるととてもお得ですよね。でも、実際には足りない960,000円分は借りているのです。万が一、ドル円の価値が0円になったら残りの960,000円分は借金となりますので、そこは覚えておいてくださいね。

レバレッジは高いほど少額で取引できることになり、資金効率が上がっていきます。一方で担保が少額になるということは、損失によって元本が無くなってしまうまでの金額も少なくなっています。そこで日本では、投資者の口座がマイナスになるリスクを考えて、FXのレバレッジは最大でも25倍までという決まりができました。実際の証拠金額は、各FX会社がリスク計算して算出していますのでピッタリ25倍にはなっていませんが、だいたい同じような金額となっています。

よく「FXは危険」や「FXで資産を失った」との記事を目にするかもしれません。大概が、レバレッジを高めて無茶な取引をしたのが理由です。最大レバレッジは25倍と決められていますが、預けた証拠金が全部なくなるような無茶な取引は避けたいものですね。

FXは24時間取引ができるマーケット

東証を介す取引では日中の15時で取引が終わってしまいますが、FXならほぼ24時間!取引することができます。それぞれのFX会社によって、途中10分ほど日替わり処理のため取引できない時間もありますのでそこは事前に確認しましょう。 また、多くのFX会社が海外カレンダーを採用していますので日本の祝日も取引可能です。逆に、アメリカの祝日は取引がお休みになることもありますので、お知らせなどでチェックしましょう。

ずっと取引が継続しているわけではなく、銀行が閉まっている土日は取引は行われていません。

時間帯ごとの特徴を覚えておくと有利!?

平日はずっと値動きのある為替市場ですが、やはり時間帯によって値動きに特徴があります。為替の3大市場は、東京、ロンドン、ニューヨークです。東京時間は比較的落ち着いた値動きとなっており、取引額はロンドンが最大となっています。それぞれの時間帯ごとの値動きの特徴を知っておきましょう。時間帯ごとの特徴は、「為替市場で24時間戦えますか?」にて詳しく説明しています。

▶詳しくは「為替市場で24時間戦えますか?」でチェック
https://fxbeginner.minkabu.jp/fx-trading-hours/

FXで利益を得るには……

FXは初心者でも上手く取引すれば利益を出すことができます。

例えば……。「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。円安で「1ドル=110円」になったら、手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円の利益になります。逆に円高で「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額を狙って儲けようとするのがFXの基本です。

FXは為替差益で儲けるのが基本

1万通貨の取引で、1円の値幅を取った時の利益は1万円です。値動きによって得る利益を「為替差益」といいます。100円の時に1万通貨買って、101円の時に売れば利益1万円。

また、FXでは売りからでも入ることができるので、先に100円で売って、99円で買い戻して値幅を1円取っても利益1万円になります。

ちなみに、アベノミクス相場ではドル円は1年間で20円ほどの上昇がありました。2012年の11月半ばにドル円を80円で購入して、2013年5月に100円で売却するとどのくらいのパフォーマンスなのか計算してみましょう。ドル円が80円の時に1万ドルの購入に必要な金額は3万2千円。それが5月には100円になっていましたので、利益額は20万円になります。100円ー80円=20円(為替差益)3万2千円が、たった5ヶ月で23万2千円にまで増えたことになります。パフォーマンスはなんと625%です!!なかなか凄い金額ですよね。

半年から1年など長めのスパンで、「円安に行くか」「円高に行くか」を予想しながら、レバレッジをかけて取引するのがFXの基本になります。

スワップという金利差が発生する

FXにはもう一つの儲け方があります。それは「スワップ」と呼ばれる金利差を受け取れるようにポジションを保有すること。

金利の異なる2つの通貨を売買する場合、2つの国の金利差が発生します。FXでは、この金利差を日割りしたものを毎日受け取る、または支払うことになります。

日本でも銀行にお金を預けると、少額ですが利息が付きます。1万円を預けて数円にしかならないという悲しい状況ですが、世界各国の金利は日本より高いところがほとんどです。外貨預金をしている人も多いオーストラリアは高金利通貨として有名で、2014年7月現在で2.5%ありますし、お隣のニュージーランドでは3.5%もあります。南アフリカに目を向けると5.75%もありますし、トルコにいたっては8.25%にもなります。(2014年3月には10%でした)オーストラリアドル円やニュージーランドドル円を1万通貨購入すると、毎日70円程度のスワップがもらえます。つまり、10日間保有すれば為替差益を除くと、スワップは700円ほどということになります。1年で換算すると、25,550円になります。

つまり、円よりも金利の高い豪ドルやNZドルなどを買うことでスワップを得る取引手法です。ただし、スワップを目的にして高金利通貨を買うのはあまりオススメできるものではありません。なぜなら、得るスワップよりも、為替の値動きが激しくて為替差損の方で損をする可能性も十分にあるからです。また、スワップは日々変動があるので実際は毎日同じ額を受け取れる訳ではありません。高金利通貨を買いで保有している場合でも、稀にマイナスに転じることがあるので注意が必要です。

FXの歴史は意外と長い!

以前の外国為替取引には、外国為替公認銀行と行うという制限がありました。その制限が1998年の法改正によって撤廃され自由化されたことで、「FX」という投資商品が生まれました。

ですが、FX誕生当初は悪質な業者も多く、痛い目にあってしまう投資家も少なくありませんでした。 そこで、2005年に行われたのが金融先物取引法の改正です。この改正によって、FX会社は金融庁の審査を経て登録しなければ業務できないようになり、今では悪質な業者は激減しました。 その後も、2010年には全信託保全の義務化や、ロスカット・ルールの整備・尊寿の義務付けなど投資家を守る制度が次々に制定され、FX会社の質が改善されていきました。

現在ではFXは非常にたくさんの方に親しまれている金融商品になっています。

まとめ

近年のFXは法が整備され、以前より安心して始めやすい投資商品となりました。少額でできることや、夜間でも取引きできることから株式よりも若い年代に人気があるようです。 魅力の多いFXですが、一方で投資商品なりのリスクももちろんあります。現物の株式と違いハイリスクハイリターンを狙った投資商品ですので、取引する上ではシッカリと資金管理し、損切りの考え方や人気のない通貨を取引する際はその注意点を学んでから取引しましょう。

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

初めるイメージ

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

SBIFXトレード
SBIFXトレード バナー
初心者おすすめポイント
最小取引単位が1通貨なので500円でも取引開始できる
米ドル/円の取引コスト(スプレッド)が0.27銭で業界最狭クラス
SBIホールディングスのグループ会社で安心と信頼
SBIFXトレードを詳しくチェック
GMOクリック証券
GMOクリック証券 バナー
初心者おすすめポイント
5年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
人気の取引アプリはダウンロード数20万以上
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券を詳しくチェック
外為どっとコム
外為どっとコム バナー
初心者おすすめポイント
初心者向けWebセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッド(取引コスト)が業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムを詳しくチェック