マーケット

オオカミ少年は動くのか!?

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/08

昨日の米国市場ではドル売りが一段落となりました。注目されたイエレン議長の議会証言では労働市場に関しては経済見通しに関しては前向きであるものの、労働市場のスラックや低いインフレ率に関しては依然として注視する必要があることや、住宅市場の伸び悩みの長期化の可能性についても指摘しました。そして金融政策に関しては低金利を当面の間、続けることを強調しました。市場では、全体を通してハト派的にとらえられドル売りが若干進んだものの、目新しい材料ではなく、市場の想定している範囲内であったことから大きな変動には至りませんでした。
また、ウクライナ情勢に関して、ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ東部の親露勢力に対して予定されている住民投票を延期する旨の呼びかけを行ったことや、それまで否定していたウクライナ大統領選挙に対して歩み寄りを見せはじめたことが報じられたことからリスク回避色が薄まってきています。

0508ny

【主要通貨ペアの動き】

ドル円はアジア時間終盤に101.43近辺まで値を下げたもののウクライナ情勢に明るい兆しが見え始めたことが下支えとなり102.00近辺まで反発となったものの102.00に上値を阻まれているものの、102円の手前で再度の102円台トライを狙う動きとなっています。日足チャートでは依然として保合いの状態が続きはっきりした方向感は見出しにくい状況となっています。
本日は再度102円台を回復できるかどうかにまずは注目したいところです。下は昨日の安値近辺である、101.40を守れるかどうかに注目ですが、その下にも101.30、101.20、節目の101.00、最終防衛ラインの100.75とサポート候補が続いています。

usdjpy0508

ユーロドルは昨日は調整が入ったものの1.39台は維持、安定推移を続けています。本日はECB理事会が予定されていることから、発表前後、その後のドラギ総裁の会見により上下に大きく揺さぶられる展開となることが予想されることから注意が必要です。
テクニカル面では3月の高値である1.3966を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。このラインを上抜けると1.4台トライが見えてきます。

eurusd0508

ユーロ円は引き続き方向感のない動きが続いていますが本日のECB理事会、ドラギ総裁の会見には注意が必要です。まずは141.00-142.50のレンジを終値ベースでしっかりと抜けることができるかどうかに注目したいところです。

eurjpy0508

上昇基調が強いポンドも1.7手前で小休止となっています。本日はBOEの金融政策の発表、ECB理事会、ドラギ総裁の記者会見とイベントが続くことから予想が難しい一日になると思われます。まずは今週到達した1.69をしっかりと守ることができるかどうかにしっかりと注目したいところです。

gbpusd0508

豪ドルは先ほど発表された豪4月雇用統計にて失業率が反発とならなかったことから若干上昇となっています。RBAの金融政策を占う上で失業率は重要と考えられ、今回失業率が上昇とならなかったことは消えかけていた利上げ観測を下支えする材料の一つとなると思われます。まずは4月の高値である0.946をしっかりと上抜けることができるのか、5月のサポートである0.92を守りきることができるかどうかに注目したいところです。

audusd0508

【本日の注目材料】

本日の注目はECB理事会、ドラギ総裁の記者会見に集まると思われます。
市場予想の中心は景況感が底堅さをみせていることや消費者物価指数が弱いものの前月よりも改善していることから変更なしとなっていますが、一部では利下げ、SMP分の不胎化停止、新LTROなどのジャブを売ってくるとの予想も出ていることから、ノーアクションに対してはユーロ買いで反応するとのシナリオも考えられます。さらにはドラギ総裁の会見にてユーロ高を強くけん制、具体的な追加緩和の示唆などが予想されることから、こちらも予想外に景況感の良さなどに触れタカ派色の強いものとなるとユーロ買いを強める材料となるかもしれません。

また、追加緩和について触れても「オオカミ少年」の言うことへの市場の反応は薄くなってしまうことも十分に考えられます。いずれにせよ、発表前後、会見前後の値動きは荒くなることから十分に注意が必要です。

【本日の予定】

時刻未定 中国4月貿易収支
08:01 英4月RICS住宅価格
10:30 豪4月雇用統計
12:45 日10年債入札(2兆4000億円)
15:00 独3月鉱工業生産
20:00 BOE金融政策委員会(MPC)政策金利、資産購入枠発表
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表
21:00 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁(投票権あり)講演
21:15 加4月住宅着工件数
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
21:30 米新規失業保険申請件数
21:30 加3月新築住宅価格指数
22:25 エバンズ米シカゴ連銀総裁(投票権あり)コメント
22:30 タルーロFRB理事(投票権あり)講演
23:00 イエレンFRB議長、米上院予算委員会で議会証言
翌1:30 ダンシンSNB副総裁講演
翌2:00 米30年債入札
翌3:00 ブラード米セントルイス連銀総裁(投票権なし)講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト