Q&A:1分足でのエントリーは、損切り幅が大きくなるが

【著者】

:今、1分足でより多くの山谷を見て、超えた確認の根拠がしっかりあれば小さくても一つ一つスキャルピング的にはなりますが、より多くの山谷で入る様にやっています。実践して思った疑問なのですが、一気に大きく動いて出来た大陰線、大陽線、しかもヒゲが長い、このような線が出たあとの山越え谷超え確認後のエントリーは、損切り幅がとても大きくなります。

このような足の時は無理に入らず、見送ったほうが良いのでしょうか? まあ1分足でやるのと5分足でやるのとでは状況が違うかとも思いますが、今、私がチャレンジしている1分足での場合は動きが早い分そのような時は見送ったほうがいいのかと思ったり、少額であるから気にせずガンガン入ってみるほうが経験値として練習になるのかとも思ったりもします。アドバイスを頂けたら幸いです。

「1カイ2ヤリ」という表現をご存知ですか? ビッドアスクの、ビッドで買ったなら、アスクで売るような細かな売買で、小さな利益を狙って激しく売買する行為です。ちなみに、ヤリとは証券用語で売りのことです。

為替でも、株式でも、プロと呼ばれる人の多くが「1カイ2ヤリ」的な売買を行いますが、あまりベテランはいません。それは「1カイ2ヤリ」は、労多くして益少なしとして卒業するためか、淘汰されるためだと思います。

利益の値幅があまりに小さいために、彼らの多くは出来るだけレバレッジをかけて、大きな量で売買しようとします。それで、一時的にはそれなりの値幅が動くのです。彼らの売買は、1分足に反映されるのがせいぜいで、その中で売買を完結させるために、ヒゲが長くなります。5分足になると長時間過ぎて、もはや余り反映されなくなります。

私が1分足でのトレーニングをお勧めしているのは、5分足の5倍の山谷が見られること、1分足の値動きに適応できたなら相場で恐いものがなくなり、おまけに短時間で1日分くらいの収益が上がるので、チャレンジする価値があると思うからです。とはいえ、私自身は5分足までが限界です。

損切幅が期待利益よりも大きくなりそうな時は、見送るのがいいと思います。その意味では、1分足での売買そのものが、損切幅が期待利益よりも大きくなると判断できるようでしたら、5分足に変えてみるのもありですね。

あるいは、上記の理由から、1分足の売買は非常に投機的だと判断できたなら、値幅が大きく伸びた時、そこからの転換点の見極めができたなら、逆張りする(つまり、秒足での山越え、谷越えを見極める感覚)ことも効果的かも知れません。まさしく、チャレンジですが。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。