ECB理事会は現状維持、今日の日銀も無風通過見込みも、若田部副総裁リスクに注意

【著者】

忙しい人のサマリー

ドル高に調整も、下値はしっかり

ECB現状維持、会見も慎重姿勢維持
ユーロはいったん上昇後値を落とす

【東京市場】ドル円高値圏もみ合い

 26日の東京市場でドル円は109円台前半の推移が続いた。NY市場でドル高が強まり、109円40銭台で朝を迎えたドル円。 朝方に調整が入る場面が見られたものの、109円25銭近辺まででとどまり、再び高値圏に。
 もっとも、朝も、そのあとのトライも109円50銭を付けきれず、高値からは少しもみあいとなって、午後は膠着する展開となった。

 ユーロドルが1.21台後半でもみ合うなど、主要通貨は軒並みのもみ合い。ドル買いの流れが継続も、新規のドル買いには慎重という流れに。

【ロンドン市場】狭いレンジ

 比較的狭いレンジでもみ合った。

 ドル円は109円台前半での推移。109円台半ばからを試す勢いがみられず。

 ECB理事会は事前見通し通り政策据え置き
ドラギ総裁会見待ちに。
 ユーロドルは1.21台後半でのもみ合い。

【NY市場】ECB理事会後ユーロは振幅

 ECB理事会及びドラギ会見後、いったんユーロ買いの動き。米債利回りの調整を受けたドル売りに加え、予想に比べると慎重姿勢を強調した印象がなかったドラギ総裁会見にユーロ買いが入った面も。

 もっとも、1.22台に乗せた後は急速にユーロ売りドル買いの流れに。

 ドル円は109円07銭近辺まで下げた後値を戻す展開。大台を維持で、ドル高基調継続。

【本日の見通し】GW前の調整に注意

 流れはまだドル高。海外市場での調整局面で109円台を維持したことが大きく、下値しっかり感が強い。
レンジの中での取引から上を試す展開が期待される。もっとも東京勢にとってはGW前であり、調整が入りやすい局面。
上値追いには慎重になる可能性も。109.50手前の売りが厚いようだと、要注意。

 日銀会合は大きな材料とはなりにくい。サプライズがあるとすると、今回が初会合となる二人の副総裁のうち、若田部副総裁がより積極的な緩和を求めて、片岡委員同様に反対に回るケースか。この場合は円安圧力も。

【本日の戦略】押し目買い

 GW前に高いところを買いたくはないが、押し目はきちんと拾っていきたい。
短期であれば109円割れでいったんストップ。
もう少し持つ場合でも108.80割れではいったんストップで仕切り直し。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など