ドル高の流れ継続で110円を狙う、ユーロは大台割れ示現

忙しい人のサマリー

ドル高の流れ継続、ユーロは大台割れ

ポンドドルのポンド売りドル高がきっかけ、
英PMIが2016年来の低水準、英景気の鈍化傾向目立つ

ドル円は110円手前、押し目ほとんどなく上値トライ

【東京市場】ドル高基調継続も値幅限定的

 連休明けの東京市場、ドル円は109円台前半での推移が続いた。
 週明けの海外市場でもドル全面高の流れが継続しており、ドル円はしっかり。
 もっとも、109円台半ばからの売り意欲が意識されており、上値では売りが出る流れで、この時間帯のドル円のレンジは16銭にとどまっている。

 1.20台のユーロ安ドル高圏での推移となったユーロドルのレンジが17ポイントと、主要通貨は軒並みの小動きに。

 13時半の豪中銀金融政策発表は、事前見通し通り金融政策の現状維持を発表。豪ドル安を歓迎し、緩和維持を示す従来通りの声明内容も含め、サプライズの無いものとなり、相場への影響は限定的なものにとどまった。

【ロンドン市場】ドル高強まる

 ドル円が109円台半ばをしっかり超えるなど、ドル高の動きが強まった。

 英PMIの弱さをきっかけにポンド売りドル買いが強まり、その他通貨でもドル高に。
英PMIは予想を下回り、2016年11月以来の低水準。
 
 このところの英指標の弱さが警戒感を誘っている。
ポンドドルは1.36台へ値を落とした。対円でも150円割れに。
欧州勢は独・仏などが休場で参加者が少ない中で、ドル高トレンドが継続。
ユーロドルは1.20台前半と1.20割れが視野に。

【NY市場】ユーロドル1.20割れ

 ドル円が109円89銭までと、110円を意識する展開。
ユーロドルは大台を割り込み、1.19台を付ける動きが見られた。
ISM製造業が予想を下回るなど、新規材料は弱めも
トレンドは変わらず、逆にドルの堅調地合いが意識される展開に。

【本日の見通し】ドル買い基調継続へ

 ドル円は110円超えが視野に入っている。
手前には売り注文も入っているとみられるが、
ユーロドルでの大台割れを示現したこともあり、
基本的にはドル買いの勢いが継続するとみられる。
押し目らしい押し目がないこともあり、
ドル高の勢いを継続。

【本日の戦略】押し目買い

 基調はドル買い。
ドル円は110円超えを意識も、
突っ込んだ買いを入れるかは微妙。
メーデー明けで参加者が増えることもあり、
いったん調整を待ってのドル買いに回りたいところ。
109円台は維持するとみられるだけに
109円台半ばからの開催狩りを意識。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など