レンジ取引、ドル高基調も高値からは調整

忙しい人のサマリー

レンジ取引、ドル高基調も高値からは調整

ユーロ売りドル買いが特に優勢、指標の弱さなども重石

【東京市場】ドル円振幅、後場はドル買い優勢に

 GW明けの東京市場、ドル円は109円を挟んだ振幅となった。
 朝方いったん109円20銭近辺まで上昇した後、日経平均の弱さもあってすぐに値を落とす展開。
 109円をしっかりと割り込み、108円76銭を付ける動きがみられた。
 その後、株が下げ止まったこともあり、108円90銭台まで戻してのもみ合いに。
 後場に入ると一転kしてしっかりの展開。株が買い戻されTOPIXがプラス圏、日経平均も下げ幅をほぼ解消する中で、ドル円は109円22銭と朝の高値をわずかに超える動き。その後は109円10銭台での推移。
 朝方の下げは円買いが主導も、後場はドル買いが優勢でユーロドルが1.1970台から1.1940台へ値を落とすなどの展開が見られた。
 目立った新規材料はなく、ロンドンが休場ということで海外勢の動きも落ち着いた中で、株式市場動向などをにらみながらの動きに。

【ロンドン市場】一時109.40近辺まで

 英国市場がバンクホリデーで休場となり、取引参加者が少ない中で、序盤はドル買い円売りの動きが優勢に。
 アジア株式市場が午後に入って堅調さを増す中で、リスク選好の動きが広がった。

 東京午前の下げからの切り返しをうけて、108円台での買い意欲を再確認する形で、
短期筋のドル買い円売りが入った面も。

 もっとも、109円40銭近辺からは急速に売りが出た。
早出のNY勢が参加してくるにあたって、109円台半ばからの重さを警戒して、ドル売りが強まる格好に。

 ドル主導での動きとなったこともあり、ユーロドルなども序盤はドル買い。
東京午前に1.1970台まで上昇した後、1.1950を割り込んで欧州市場を迎え、その後1.19割れを試す展開に。
 独製造業受注の弱さなども、ユーロ売りドル買いに寄与した。
1.19近辺からは買い戻しが入り、1.1920近辺に。

 消費者物価指数が予想を下回ったスイスフランも軟調地合い。
東京市場で0.9980台まで値を落としていたが、その後はユーロ売りドル買いの動きなどにもつられ一本調子でドル買いフラン売りが進み、1.0050を超える動きに。
 その後ドル買いの調整に1.0040近辺もドル高スイスフラン安圏。

【NY市場】ドル買い落ち着きもみ合いに

 ロンドン市場のドルの買い戻しも収まり、ドルは対主要通貨で少し調整が入ってもみ合いに。
 ドル円は109円40銭近辺の高値から109円ちょうど近辺に落とされて朝を迎えている。

 1.19割れを付けたユーロドルも1.19台前半でもみ合い。

 中立派とみられたボスティックアトランタ連銀総裁の、比較的ハト派的な発言がドル買いの調整を誘った面も。

 今週は今後の米利上げのカギを握る物価指数のうち、もっとも注目度が高い消費者物価指数の発表を10日に控えており、それまでは動きにくさも。

【本日の見通し】もみ合いから上値意識

 108円50銭手前の買い、109円50銭手前の売りが意識されてのもみ合い。
10日の米消費者物価指数発表までは動きにくさもあり、基本的にはレンジ取引が優勢となりそう。
 
 もっとも、昨日のユーロドル、1.19を割り込む場面が見られるなど、ドル全面基調が広がっている。
 
 勢いはまだ上方向。ユーロドルが1.19をしっかり割り込むと、ドル全面高基調が加速し、ドル円も持ち上げられる可能性。

 ポンドは買い戻しがやや優勢で、欧州通貨の中でも動きがまちまちとなっている状況が
どこまで影響してくるのかなどがポイントに。

【本日の戦略】押し目買い

 レンジ取引の中でいいポイントで拾いたいところ。ドル円はできれば108円台での買いを意識。早めにやめる場合は108.50割れでストップに。
 
 デイトレは早めに買いから拾っての回転。最終的に上を期待も、ある程度レンジ取引での振幅を拾いたい。見切りも早く、ストップを交えてという印象。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など