移民問題での合意を受けてリスク選好、ユーロ高円安強まる

【著者】

忙しい人のサマリー

移民問題での合意を受けてリスク選好、ユーロ高円安強まる

ドル円は111円手前まで一時上昇。110円台での堅調地合いが上方向の動き誘う

【東京市場】ユーロ急騰

ユーロが急騰した。きっかけはトゥスクEU大統領が、EUサミットで移民問題が合意したとツイートしたこと。
 同問題については、今サミットが初の参加となるコンテ・イタリア首相がダブリン合意の修正がなければ合意しないと強く反発を示しており、共同会見が遅れるなど、かなり深刻な状況となっていただけに、合意報道に一気にユーロ買いが広がった。
 その後クルツ・オーストリア首相、マクロン仏大統領なども合意を認めたことで、ユーロ買いの動きが強まる展開に。
 ユーロドルは1.1570近辺でツイートが報じられ1.1666近辺と約100ポイントの上昇。ユーロ円は127円80銭台から129円台を付けるなど、1円超の大きな上昇に。

 ドル円はユーロドルでのドル売りとユーロ円での円売りに挟まれたが、欧州での懸念材料後退の期待もあり、円売りが勝る格好で、110円50銭台から110円79銭まで上昇を見せた。

 ユーロは上昇一服後も高値圏でもみ合いとしっかり。

【ロンドン市場】ユーロは高値圏しっかり

 東京市場で報じられた移民問題での合意を受けてユーロは高止まり、いったんは調整が入り1.1610台まで値を落としたが、その後再び高値圏を付けるなどしっかり。

 ドル円は110円台後半での推移が続いた。
東京市場での高値を超えきれなかったものの、110円台半ばからは買い意欲が見られた。

 第1四半期の英GDP確報値が前期比+0.2%と予想外の上方改定で、ポンドはしっかり。ユーロ買いの流れにも支えられて、序盤の1.3100近辺から1.3180台まで。

【NY市場】ドル高円安一時進む

 堅調な流れが継続し、東京市場の高値を超えて111円手前まで一時買いが進んだ。
終盤で失速し、上昇分を失うも110円台後半を維持と堅調地合いに。

 ユーロは1.16台後半の高値圏へ。
 東京、ロンドンと頭を抑えた1.1660台を超えて1.1690近辺まで上値を伸ばした。
 国境管理の強化、亡命希望者に対するセンター設立、亡命の可否を決定するプロセスの迅速化などで合意も

【本日の見通し】堅調地合いへ

 週末を前にしたポジション調整にNY夕方に円安が一服したものの、流れはまだ上方向とみている。

 週末も目立った材料はなく、大きな流れの変化はない。

 ドル円は110円台後半から111円超えを意識する展開に。ある程度の調整も110円台半ばがしっかりしてくるとみている。

 ユーロは移民問題での合意が上値トライを誘った。玉虫色の部分もあるが、流れはまだ上方向。

 今週は週末の雇用統計をはじめイベントが複数予定されており、突っ込んだ売り買いには慎重な姿勢も見られるが、リスク選好からの円安が基本路線となりそう。

【本日の戦略】押し目買い

 111円手前の売りが残っているだけに、突っ込んだ買いは避けたいところで、デイトレは111円半ばに近いところからの買いを意識。
 スウィングは少し待って111円台前半での買いを中心にしたいところも、押し目がどこまであるのかは微妙なところか。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など