ドル全面高へ、ドル高元安などきっかけ

忙しい人のサマリー

ドル全面高へ、ドル高元安などきっかけ

米中貿易戦争が中国からのドル買い誘うとの思惑も

中国が米国の追加関税に対して非関税障壁で対応との見通しなどで瞬間ドル売りの場面も
全く続かず
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】追加関税リスト公表報道後のドル売り一服

 NY夕方に米国が中国に対する2000億ドル規模の追加関税のリストを公表と報じられ、一気にドル売りが進んだ後を受けての東京市場。
 朝方はドル売り円買いの流れが継続し、110円77銭を付ける動きを見せたが、その後回復の流れとなった。
 ダウ平均先物時間外取引をはじめ、日経平均なども朝方大きく下げたが、その後下げ幅を縮める格好に。中国本土市場は軟調地合いを続けるなど、警戒感が継続も、パニック相場からは一息といったところに。
 ドル円は111円台を回復し、一時111円14銭まで。111円20銭台からの急落で、急落前の水準には届いていないものの、比較的しっかりとなった。高値を付けた後も111円台での推移が中心でしっかり感。
 多くく下げたクロス円買戻しの動き。130円割れを付けたユーロ円は一時130円40銭台まで回復し、130円台前半推移に。

【ロンドン市場】ドル買い優勢

 ドル円は111円台推移。
 この時間は比較的しっかりの展開に。
アジア株、特に中国株の下げに朝方は111円割れの場面も、すぐに切り返すなど下値しっかり感。

 ユーロドルが一時1.16台を付けるなど、ドル全般にしっかり感が広がっていた。
ユーロドルに関してはロシアとの天然ガス・パイプライン規約をめぐるトランプ大統領のドイツ批判なども売り材料として意識されていた。
 
【NY市場】いったんドル売りもすぐに切り返し、逆にドル高加速

 中国が米国の関税リスト公表に対して
合併承認先送りなどの非関税障壁で対抗との報道を米紙が報じ、瞬間ドル売りに。
しかしすぐに切り返すと、一転してドル買いが優勢に。

 ドル円は111円台半ばを超えて112円台まで上昇と力強い動きを見せた。

 ユーロドルが1.16台へ値を落とすなどドルは全面高の流れに。
 こちらも、朝方はECBの利上げが来年7月にもとの一部報道で買われたが、すぐに切り返す格好に。
 

【本日の見通し】ドル高の流れ継続へ

 通商問題への警戒感が広がり、株安が進む中でドル円は堅調な動きを見せた。
 ユーロドルなどでもドル高が進む展開。

 ドル円の下値しっかり感が強く、買いが入った面があるが、それ以上のドルに資金が集中した感も。ドル人民元でのドル買いがきっかけという見方もある。

 世界的な貿易戦争への懸念が流動性の高いドルへの資金集中を誘ったという面も。

 当面このドル買いの流れが続きそうで、ドル円は押し目買いの流れとなりそう。

 下がったところでは買いが出る流れか。

【本日の戦略】押し目買い

 ドル高の流れが基本的に継続へ。

 突っ込んだ買いを入れる局面ではないだけに、押し目を丁寧に拾いたいとところ。
相当不安定な流れだけにストップを早めに確実に。

 デイトレも基本は同じ買いからで早めストップ。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など