ドル高円安止まらず、ドル円は一時112円60銭台に

【著者】

忙しい人のサマリー

ドル高円安止まらず、ドル円は一時112円60銭台に

水曜日のNY市場と違い、ドル高ではなく円安主導
世界的な株高基調がサポートとなった格好

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】ドル高基調継続

NY市場で進んだドル高円安の流れを継続し、ドル円は堅調な展開に。
 朝方は111円台まで調整されてのもみ合いも、その後112円台に乗せ、NY午後に頭を押さえた112円20銭手前の売りを崩すと、上昇が加速し、112円30銭台まで。
 その後はもみ合いが続き112円台前半でのもみあいが継続した。
 株高の動きがドル円を押し上げた恰好で、NY市場ではドル独歩高であったが、東京市場では株高によるリスク選好での円売りが目立つ展開となっている。
 昨日のNY市場ではドル円などと同様にドル買いが目立ったユーロドルは狭いレンジでのもみ合いに。
 クロス円は軒並みの上昇で、ユーロ円は130円70銭近辺から131円手前のもみ合いを経て、ドル円の上昇に合わせて131円20銭手前まで上昇。その後は131円台でのもみ合いに。

【ロンドン市場】ドル高円安加速

 ドル高円安の流れが止まらず、
ドル円は一時1月10日以来の112.63円を付ける動きとなった。
ユーロドルもしっかりでドル高ではなく、円安の動き。ユーロドルは一時1.1693近辺と1.17に迫っていた。

 NATO首脳会議の中でトランプ大統領は、NATOの同盟国は国防支出の増額に合意、NATOに対する米国のコミットメントを強力に維持、などと発言し、交渉がうまく進んでいることを示したことで、ドルのサポートに。
 
【NY市場】高値トライは一服も下がらず

 ドル円のさらなる高値トライは一服し、ロンドン午後の高値を超えずも、押し目が限定的で高値圏もみ合いに。

 パウエル議長のラジオでのインタビューなどが報じられていたが、目立った材料視はされていない。
 
 ユーロドルは1.16台後半を中心にもみ合い。

【本日の見通し】ドル高基調継続

 高値警戒感が出ているものの、
押し目が限定的で、買い遅れている層が買えておらず、下がったところでの買い意欲が継続。

 とはいえ政治相場の中で週末越えの大きめのポジション維持には警戒感も強い。
基本的ンは上を意識した展開も、海外市場でのポジション調整の動きには要警戒。

 もっとも、基調は上方向。
 目立った材料がないが、こういう時に意外と動きケースが多く、今の勢いからは、もう一段の上昇が期待されるだけに一気に113円トライもありうる状況。

【本日の戦略】押し目買い

 週末を前に突っ込んだ買いは避けたい。
基本は押し目買いで112円台前半での買いに回りたいところ。111円80銭割れでいったんストップか。デイトレも買いからで早めに入って回転を意識。回数で勝負できる流れになると期待。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など