ドル高円安加速

【著者】

忙しい人のサマリー

ドル高円安加速

議会証言が前向きな姿勢を維持するものとなりドル買いに安心感
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】ドル円堅調、一時資源国通貨買いの動きも

 ドル円は112円台半ばを挟んでの推移。112円台前半で迎えた東京朝に、ドル買い円売りの動きが優勢となり、112円57銭近辺まで。その後はもみ合いという展開に。
 その後、NZドル買い米ドル売りの動きから、ドルは全般に軟調。
 NZドルは朝方の消費者物価指数がやや弱めも、その後第1四半期消費者物価指数コアインデックスが2011年来の高い水準ということで買いが入り、日本時間昼過ぎに一気に買われる場面に。
 この動きは資源国通貨全般の買いにつながっており、ランドなども対ドルで買いが出る展開に。
 さらにドル全般の売りが広がり、ドル円が112円30銭台まで落とされたほか、ユーロドルが1.1720近辺まで上昇するなどの動きに。

【ロンドン市場】もみあい

 この後のパウエルFRB議長の議会証言を前にもみ合いが続いた。
ドル円は基本的にしっかりも、序盤は112.23円を付けるなど
調整の動きも。
もっともすぐに買い戻しが入る展開に。

 ユーロドルは1.17台前半でのもみ合い。
こちらも朝方はドル売りが入り1.1745近辺を付けるも続かず。

【NY市場】113円手前まで

 議会証言が比較的前向きなものとなり
ドル円は112円90銭台を何度か試すしっかりとした動きに
議会証言が前向きな姿勢を維持するものとなり
通商摩擦懸念で慎重姿勢を見せる可能性を意識していた市場はドル買いで反応。
113円手前の売りに頭を抑えられたものの、しっかりの反応に。

 

【本日の見通し】上値トライに

 ドル円は112円90銭台を何度も付ける強めの展開に。
注目のパウエルFRB議長による議会証言では
当面は漸進的な利上げが最適と発言。
これまでの姿勢を守った形であるが、
通商摩擦懸念がある中で前向き姿勢維持ということで
ドル買いに安心感が広がっている。

 ドル円は113円手前の売りが残るが
押し目がほとんどないこともあり、超えてくる可能性が高そう。

【本日の戦略】押し目買い

 基調は押し目買い
 ドル円はまだ上をトライする流れとみられる。
113円台での買いにいったん躊躇する場面も
下がったところでは買いが出る流れとみられる。
デイトレは112円台後半から、スウィングは112円台をじっくり買い下がりのイメージ。
ストップは忘れずに。
押し目がこれまでそれほどないだけに、何かのきっかけがあると一気の下げも。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など