いったんドル売りもドル円は切り返す

【著者】

忙しい人のサマリー

いったんドル売りもドル円は切り返す

欧州通貨などに対するドル売りは継続
ドル売り人民元買いなどがきっかけに

【東京市場】狭いレンジでの取引続く

 ドル円は111円30銭台を中心とした取引に終始した。朝からのレンジは20銭と、昨日に続いて限定的。
 目立った材料がなく、大きな動きが見られない。昨日の海外市場で111円台半ば超えをトライする場面が見られたが、111円50銭台からの買いには慎重な動きが見られるなど、レンジを超える勢いに欠ける展開に。
 米中の通商問題、本日再開したイラン制裁など、米国の対外政策への警戒感がドルの頭を押さえているが、利上げ期待の拡大など、経済的な好調さを受けてのドル買い意欲も一方で見られるために、大きな動きとなっていない。
 
 豪中銀は事前見通し通り政策金利の現状維持を発表。声明では19-20年のインフレ見通しが強まると示すなど、強気の内容も見られたが、総じて想定内。数ポイントの上昇は見られたが、値幅は限定的。

【ロンドン市場】クロス円しっかり

 クロス円がしっかりの展開。
ドル円があまり下がらない中で、欧州通貨などに対する買いが広がり、クロス円の上昇につながる展開に。

 それほど目立った材料はなく、ドル高一服感がユーロドルなどの買いに。

 豪ドルが上海総合の上昇に押されて対米ドルで買われたことも、ドル安基調を誘った。

【NY市場】一時ドル売り

 ドル売りが一時強まり、111円を割り込む場面が見られた。
ドル売り人民元買いの動きが、ドル全面安を誘い、ユーロドルが1.16台を付けるなどの動きに。

 人民元に関しては、人民銀行が一部市中銀行に群れた行動やモメンタム追及を避けるように要請との報道が
元買いを誘った格好に。

 もっとも、111円割れからすぐに切りかえすと、午後には一転して111円50銭手前まで。下値しっかり感が広がる格好となっている。
ユーロドルなどは高値圏維持(ドル安圏維持)で、円高に対する警戒感。

【本日の見通し】111円台前半中心の展開続く

 NY市場でドル人民元でのドル売り元買いもあってドル売りが強まり、ドル円も111円を瞬間割り込む動きを見せたが、そこから値を戻してもみ合っている。
 111円近辺の底堅さを確認した格好だが、111円台半ばからを買う動きにも慎重姿勢。

 基調は111円台前半でのレンジ取引。いったん下を試した分、期待は上方向も、どこまで進むかは微妙。

 

【本日の戦略】押し目買い

 いったん下をトライしたことで逆に下値しっかり感が出ている。
111円ちょうど手前にはまた買いが出るとみられ、下がったところでは買いに回りたいところ。

 111円50銭超えにストップが入っている可能性があり、先に上を試す可能性も。

 デイトレは早めに買いに回る手もありそう。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など