ドル安強まる展開に、ユーロドルは一時1.16台

忙しい人のサマリー

ドル安強まる展開に、ユーロドルは一時1.16台

トランプ発言の余波続く
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】朝方ドル安強まるも、その後クロス円の買いに支えられる

 朝方にドル安が広がる動きとなったが、その後ドル円は少し調整が入っている。
 前日の海外市場でトランプ大統領によるパウエル議長の利上げ路線批判でドル安がつよまり、東京朝の市場で110円を割り込む動きに。
 一時109円70銭台まで売りが広がり、ドルは全面安に。
 いったんは上値を抑えたユーロドルの1.15手前の売りなどを受けて、欧州通貨などに対するドル売りが抑えられ、クロス円でも売りが出る流れとなった。
 しかし、ユーロドルが節目の1.15に乗せると、ストップを巻き込んで1.1540台まで上昇し、ドル円以上に激しい値幅での動きを見せると、ドル円の下げが一服する中で、ドル円以外の通貨でのドル安が継続で、結果としてクロス円の上昇という流れに。

【ロンドン市場】ドル円クロス円しっかり

 ドル円が110円台前半でしっかりの展開。
東京午後に続いてクロス円の買いに支えられる格好に。

 欧州株高なども支えとなり、円安基調に。

ユーロドルは1.15台でのもみあい。
大台を維持も、上下ともに動きにくい展開に。

【NY市場】ドル安強まる

 ドル安の動きが広がり、ユーロドルは1.16台まで。

 当初はリスク選好の動きからドル円が110円台半ば超えまで上昇するなど
しっかりの展開が広がったが。
クロス円も堅調地合い。

 その後はドル売りの動きが優勢となり、ユーロドルが一時1.16を超える動きに。
政治リスクへの警戒が残るものの、トルコの休場中で新たな動きが出にくく
もみ合いが広がる格好に。

 夕方になってドル円は値を落とした。
米債利回りの低下などによるドル全面安に押された格好。

【本日の見通し】ドル安基調継続

 ドル円は株高などでの円安に支えられるも、戻りは鈍く
下値方向を意識する展開となりそう。
ドル全面安の動きが広がる中で、大台割れを大きく試す可能性も。

 クロス円の支えがどこまで続くのかがポイントに。

 ユーロドルをはじめ、ドル円を除くドル安の流れはまだ勢いが残っているとみている。
先週15日のドル高進行で、多くの通貨が目先のポイントを超えたところまで値動きがみられ、そこから反転を見せたことで、ドル安に一服感が出ているとみられる。

【本日の戦略】戻り売り

 ドル売りの流れが強まっており、戻りは売りに回りたいところ。

 110円割れをどこまでしっかりと試せるか。

 スウィングは少し待って110円台半ば近くを売りたいところ。

 デイトレは早めに売りに回ってみたい。ストップも早めに。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など