ドル円堅調、上値トライの流れ

忙しい人のサマリー

ドル円堅調、上値トライの流れ

欧州通貨は振幅、一時上昇も続かず

ポンドはロンドン午前に急落の場面、大口のフローなど重石

【東京市場】ドル円堅調も、上値追いには慎重姿勢

前日の海外市場でのバルニエEU首席交渉官発言で英国の合意なきEU離脱懸念が後退したことなどを好感してリスク警戒感が後退した流れを受けて、朝から堅調。さらに半導体大手ルネサスエレクトロニクスが米国の同業を約7330億円で買収との報道にM&Aがらみでのドル買い円売り期待が広がってさらに上昇という流れを見せた。
 午前中に110円48銭を付けた後は、高値圏でもみ合いに。110円台半ばを超えてのドル買いには慎重な姿勢が見られ、高値圏からのさらなる買いは手控えられた。

 クロス円も軒並みの堅調。昨日のブレグジットがらみの報道で145円近辺に上昇した後、NY市場では145円ちょうど近辺の売りに頭を抑えられていたが、朝方同水準をしっかりと抜けると、午後に入っても上昇が続き145円台半ば近くまで上値を伸ばしている。

【ロンドン市場】一時ポンド売り

 ポンドに午前中に大きく売りが入り、ポンドドルやポンド円は約100ポイントの大幅安
目立った材料は見えず、大口のフローが入った格好。

 序盤は欧州通貨高でユーロドルが1.1640近辺を付ける動き、ポンドドルも堅調。

 ドル円は111円台前半での取引。
 
【NY市場】ドル円高値更新

 111円台半ばの売りをこなして111円60銭台に上昇。
通商摩擦問題への警戒感が継続も、
先週末の米雇用統計の好結果や
合意への動きが広がるブレグジット問題への期待感などが
円売りを誘う格好に。

 ユーロドルはドル高の流れに押されて1.15台を付けるなど軟調。

 ポンドはもみ合い。
ハモンド英財務相が、昨日のバルニエ氏に続いて
6-8週以内でのブレグジット合意は可能との認識を
議会答弁という公式な場で示したことが買い材料も、ドル全体の買いに押された。

【本日の見通し】売りが並ぶも、ドル高円安トライの期待感

 ドル円は押し目があまり目立たずに111円50銭近辺の売りをこなしたことで
上値期待の動きが広がっている。
111円台後半は112円にかけて売りが断続的に続いており
一気の上昇も難しいが、
ドルが全面高基調となっているだけに、
上値トライの期待が広がる展開に。
先週末の米雇用統計で見られた米経済の力強さがドル買いを誘っているほか
今週に入ってもインドルピーの売りが続くなど
材料を見つけて売りの対象を見つける新興国通貨売りドル買いの流れがドル全般の買い材料に。

【本日の戦略】押し目買い

 売りが並んで一気の上昇が難しいだけに
突っ込んだ買いは避けたいところ。

 今日は経済指標やイベントなどでそこそこの材料が並ぶものの
流れを変えるだけの勢いが出るかは微妙で
昨日からのドル高トレンドの継続を期待。
押し目をしっかりと買いたい。
スウィングは111円台前半での買いを意識。
デイトレは早めに買いに回っての回転を意識か
111円割れで早めのストップも。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など