イタリアの予算問題などが重石、米中の緊張感もリスク警戒に

【著者】

忙しい人のサマリー

イタリアの予算問題などが重石、米中の緊張感もリスク警戒に

ドル円は114円台での重さに嫌気で調整売りも

イタリアの財政赤字問題でのEUとの摩擦懸念継続

英保守党党大会での演説にも注目
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】後場やや頭の重い展開に

 ドル円は114円台を試す展開がみられるものの、昨日から続く114円台での売りに頭を抑えられ、少し値を戻してもみ合いとなっている。
 押し目は113円80銭台までとなっており、上下ともに限定的な動きに。
 アジア通貨安ドル高の動きに加え、イタリアの予算問題などに絡んだユーロ売りドル買いの動きがドル全面高の流れを誘い、ドル円を支える格好に。
もっとも、休場明けの香港株式市場が大幅安、台湾加権、豪ASX、韓国総合など主要なアジア市場が軒並みのマイナス圏となる中で、リスク警戒の動きが出ており、午後に入って少し頭が抑えられている。
 また、午後に入って、30日に南シナ海の中国の駆逐艦が米太平洋艦隊の駆逐艦に異常接近との報道が入り、リスク警戒の動きも
 13時半の豪中銀理事会は事前見通し通り政策金利の現状維持を決定。声明も前回とほぼ一致しており、波乱要素は少なかった。瞬間的に10ポイントほど買われた後は軟調な動きに。
 豪ドルは昨日米太平洋艦隊が報じた中国駆逐艦が異常接近したとの報道などを嫌気した面も。

【ロンドン市場】米中緊張やイタリア懸念が重石

 東京午後からの下げが、ロンドン序盤に強まった。
米国と中国の駆逐艦が30日に南シナ海で異常接近との報道が
リスク警戒感を誘っている。
 
 さらにイタリアに対する懸念がロンドン市場朝に強まった。
先週イタリア政府は与党案を反映して2019年予算での財政赤字を対GDP比2.4%と、トリア財務相の主張した1.6%から大きく離れた水準で決定。
財政赤字削減を求めるEUとの摩擦が懸念される状況となった。

 ユーロは対ドルでも売られ1.15台後半から1.15台前半へ。
イタリア債利回りが上昇(債券価格が下落)し、一時3.438%と5月以来の水準を付けるなど警戒感が広がった。

 ドル円は113円台後半で頭の重い推移。
 
【NY市場】ドル円一時113円50銭台

 リスク警戒感での円買い、ドル円を除くドル買いが続いた。
イタリア予算案をめぐる懸念などが重石となっていた。 
注目されたパウエル議長の講演は、目立った新味はなく、FOMC後の会見を踏まえた内容で
反応は鈍かった。

 ドル円は振幅の中で上値が重くなり、ドル円は113円50銭台まで一時値を落とす格好となった。

 その他目立ったのはポンドの売り。
今週行われている英与党保守党の党大会が注目を集める展開。
注目されたジョンソン前外相の演説ではメイ首相の支持を表明でポンド買いも限定的。

【本日の見通し】調整も113円台半ば維持で下値しっかり感

 東京午後から海外市場にかけてドル円は調整ムード。
30日に南シナ海で起こった中国と米国の駆逐艦の異常接近問題などを警戒し円買い、ドル円を除くドル買いの動きがみられた。

 振幅の中で戻りが重くなりながら下値を試す、かなり重めの展開も、 ポイントである113円台半ばを維持しての推移となっており、依然として下値しっかり感が強い。

 週末の雇用統計に向けて、基本的にはドル高円安の流れが継続とみられ、もみ合いの中で再び上値を試す可能性も。

【本日の戦略】押し目買い

 113円50銭をしっかり割り込むまではドル買い円売り。
デイトレでは114円手前までの振幅である程度値幅を見込めるだけに、買いからの回転を意識し、半ば割れでストップの流れか。
スウィングも113円台半ばまでは買いに回っての114円トライ期待。
ストップ水準は変わらず113.50をしっかり割り込む水準を意識。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶグループに入り、現在、株式会社みんかぶ編集部外国為替情報・商品先物情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など