米株高進み、ドル円しっかり

忙しい人のサマリー

米株高進み、ドル円しっかり

EU首脳会議への期待感で一時ポンド買いも
その後調整に頭抑えられる
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】株高受けてドル円しっかり

ドル円は朝方の111円70銭台から午後に112円10銭台まで上昇する展開となった。寄り付きからプラス圏で始まった日経平均がその後上げ幅を拡大。昼頃にいったん大きく調整も、その後再び上昇が強まり、上げ幅が200円を超える大幅高となったことでリスク警戒の動きが後退した。
 ドル円は午前中に1%高まで中国上海総合が上昇を見せた際にいったん112円台を回復。その後中国株が反転しマイナス圏に沈み、日経平均も大きく調整される中で、111円台に戻す場面が見られたが、引けを前に東京株式市場に力強い買いが入ると、再び112円台に乗せ、上値を試す展開となった。

 午前6時45分のNZ第3四半期消費者物価指数(CPI)が予想をはっきりと上回ったことで買いが出たNZドルは、対ドルで高値からやや調整も、対円では円安の動きもあって高値圏もみ合いに。

【ロンドン市場】EU首脳会議期待でポンド買い

 17日のEU首脳会議を前に、ポンド買いの動きが広がっている。
また、英ILO雇用統計での賃金の伸びが力強かったことも、ポンド買いを誘い、ポンドドルは1.31台半ばから1.3228近辺まで、ポンド円も147円台前半から148円20銭台まで。

 ドル円は112円ちょうどばさみでの取引。
東京午後の上昇基調でロンドン序盤に112.17円を付けたが、その後の買いには慎重でもみ合い。

【NY市場】株高が円安誘う

 ダウ平均が500ドル以上上昇する中で、ドル円、クロス円は基本しっかり。
ドル円は112円30銭台まで上昇し、高値圏で引けている。

 ユーロ円の買いなどにユーロドルが1.1620近辺まで上昇の場面も、ドル自体にも買いが入っていることもあり、1.15台に。

 ポンドはロンドン市場での上昇分をかなり調整。
EU首脳会議でのブレグジット交渉の進展は難しいのではとの思惑がポンドの売りを誘ったとみられる。
 スミス英保守党院内総務が、現状のバックストップ案では議会通過はできないと発言したことなども
ポンド売りを誘っている。

【本日の見通し】株安一服で期待感もEU首脳会議など注目

 株安の流れが一服し、米株が大幅高となったこともあり、一時のリスク警戒の動きが弱まり、ドル円も112円台に。

 もっとも、今日はEU首脳会議が予定されており、ブレグジット関連で市場がやや神経質になっていることもあり、積極的なリスク選好の動きは控えらえる可能性。

 アジア市場では香港が休場(重陽節)となっており、参加者が少ないことも様子見ムードを誘いそう。

 ドル円は112円台前半を中心に、上値を期待も
レンジ取引が基本となりそう。

【本日の戦略】押し目買い

 株安が一服したことが大きい。
日替わりとなる可能性もあるが、一時の大幅調整懸念が後退しており、押し目は買いの流れとなりそう。

 欧州通貨クロスは少し様子を見たい。
EU首脳会議の動向が不透明で結果を見ての反応としたいところ。

 ドル円は112円ちょうど近くでの買いを待って、111円台後半の買い下がりが基本。
デイトレは早めの買いも、112円台半ば手前で売りに回っての回転が基本か。
香港不在もあり、無理は禁物でストップは比較的早めに。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など