株安がドル安円高誘う展開に

忙しい人のサマリー

株安がドル安円高誘う展開に

アジア株の大幅安がその後の欧米株式市場にも波及
米株は大幅安から下げ渋る展開

クロス円も軟調、欧州通貨はもみ合い
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】株安の流れがやや円高誘う

 日経平均が500円超の下げとなるなど、株安の動きが広がり、ドル円クロス円はやや円高が進行した。
ドル円は朝の112円80銭台から112円50銭割れまで値を落とす展開に。もっとも、株安の勢いに対して下げ幅は限定的。

 イタリアの予算問題で、欧州委員会からの回答を前にユーロはやや軟調。ユーロドルは1.1460台から1.1450台へ。ユーロ円は129円30銭台から128円80銭台へ。

 昨日の中国の株高に端を発したアジア株高の反動安で東京、香港、韓国などの株が大幅安。中国株も当初は下げ渋りも、午後に入って1%以上下げるなど軟調地合いで、リスク警戒の動きが強まった。

【ロンドン市場】ドル安円高

 アジア株安の動きが欧州株にも波及し、リスク警戒の円買いの動きが広がった。
ドル円は112円15銭近辺までの下げを記録する流れに。

 米債利回りの低下も見られ、ドル売りの動きもあり、ドル円は頭の重い展開。
ユーロドルは、対円でのユーロ売りに1.1439まで下げる場面が見られたが、その後のドル安の流れに1.14台後半へ戻してのもみ合い。
 
【NY市場】当初の米株大幅安が下げ渋りドル円値を戻す

 当初は米株が大きく崩れ、ダウ平均は一時548ドル安に。
ドル円も一時111円台を付けるなど、ドル安円高の動きが優勢となった。
しかし、午後に入って株は下げ渋り、下げ幅は125ドル安に。

 ユーロドルは1.14台後半。
欧州委員会はイタリアに予算の再度見直しを要請も、イタリアはプランBの用意はないと発言しており
やや膠着状態に。

【本日の見通し】株式市場への警戒感続く

 米株式市場が大幅安から持ち直したことで、いったん値を戻してくる期待が強まっており、ドル円、クロス円には買い戻しが入る可能性。

 流れはまだ上方向とみており、ドル円は113円を試す展開。
昨日瞬間的に111円台を付けたことで、下値一服感も。

 ユーロは不安定な展開が続いている。
イタリアの予算問題はやや手詰まり感がある。ただリスク要因ではあり、ユーロ買いには慎重姿勢。もみ合いから下をトライの流れに。

【本日の戦略】押し目買い

 いったん下をトライしたことで買いやすくなっている面も。
株式市場動向次第では再びリスク警戒も、米株の下げ渋りが印象的でいったん上を試す可能性が高そう。ただ突っ込んだ買いは避けたい。
 
 ドル円は112円台前半での押し目買い。
 デイトレもちょっと待ってから買いに回りたい印象。111円台にしっかり落とすとストップ。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など