株安一服し、ドル円しっかり

忙しい人のサマリー

株安一服し、ドル円しっかり

ユーロは軟調、ECBは想定通りも売り基調続く

【東京市場】午前の振幅経てもみ合いに

前日の米国市場でダウ平均が600ドルを超える下げを記録するなど、株安の動きが広がったことで112円10銭近辺まで下げて迎えた25日の市場。
日経平均先物が大きく下げて始まり、東京市場での株安が意識されたことで112円の大台を割り込んで売りが出ると、日経平均が大きく下げて実際に始まったこともあり、111円82銭近辺まで下げ幅を広げる展開に。

一時800円超の下げまで値を落とした日経平均は、その後も安値圏推移も、もう一段安には慎重で、ドル円は112円10銭台まで値を戻す流れに。1.14を割り込んだユーロドルが下値での売りに慎重で1.14ちょうどばさみのもみ合いとなったことも、市場の様子見ムードを誘った。
午後はもみ合いが続く展開。アジア株安が広がったこともあり、東京株式市場は引けにかけてさらに値を落とし、ドル円は頭の重い展開も、突っ込んだ売りには慎重。

【ロンドン市場】欧州株、米株先反発

欧州株が反発し、円売りの動きが広がった。
ドル円は朝方の112円割れから112円30銭台まで回復。

引けにかけて上海総合などのアジア主要指数も下げを消す動きとなるなど、しっかりの展開がみられた、

ユーロはもみ合い。1.14を挟んでの振幅。Ifoの弱めの数字などにも反応は鈍い。

トルコ中銀・ECB据え置き。ともに予想通りで反応は鈍い。

【NY市場】株反発

NY株が大きく反発。ダウ平均が400ドル超の上昇を見せる中で
ドル円は一時112円60銭台まで。その後は112円台半ばでもみ合いに。

ユーロドルは1.13台での推移。ドル高の流れに頭を抑えられる結果となった。
ドラギ総裁の会見では目立った新味はなかったがイベントクリアで売りやすくなったとみられ、会合後にユーロ売りの動きが強まった。

ポンドもユーロに連れ安、メイ首相の求心力低下が警戒感を誘っている面も。

【本日の見通し】レンジ取引を基本に、期待は上方向

ユーロ問題などが意識される中で、積極的なドル買い円売りも難しい。
112円台でのレンジを中心とした取引が続くとみられる。

今週の株安で下値を支えられた印象が強いだけに、上方向への期待感は継続。
週末を前にどこまで買えるかは微妙なところだが、期待は上方向か。

ユーロは1.14台が重くなってきた印象で、もう一段の下げも。

【本日の戦略】レンジ意識

スウィングは押し目買いの流れで112円ちょうどに近いところでの買いを狙いたい。
111円50銭割れでストップで、それまでは小さく買い下がりの流れという印象。
デイトレはレンジをもう少し狭く取っての買いからの回転が基本か。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など