調整目立ちドル円113円割れ

忙しい人のサマリー

調整目立ちドル円113円割れ

ドル全般は堅調、ユーロドルなど頭重い
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
【東京市場】株高が円安誘い、ドル円クロス円しっかり

 ドル円は113円30銭台まで上昇。株高の動きが支えとなった。
 昨日の海外株高の流れを好感して、寄り付きから東京株式市場は100円超の上昇。その後も順調に上値を伸ばし、午後には400円を超える上昇に。上海総合などアジア株もしっかりでドル買い円売りの動きが継続した。

 日銀金融政策決定会合は事前見込み通りの現状維持を決定。一部で長期金利の変動幅拡大を明文化するのではとの期待もあったが、特に変更はなし。相場の反応は特にみられず。

 クロス円も軒並み堅調地合い。ユーロ円は128円20銭台から128円半ば超えまで。

 対ドルで欧州通貨はもみ合い。ユーロドルは1.13台前半を中心とした動き。

 豪ドルは朝方中国人民元の売りなどに軟調も、その後、人民銀行の香港での短期証券発行の報道で元買いが進み中国株の買いも優勢となったことで買い戻しが入り、0.7070台から一時0.71台へ。
 
【ロンドン市場】欧州株高も反応は一息

 欧州株はアジアに続いての大幅高となったが、反応は一息といったところ。
米債利回りの上昇もあって、ドル円はしっかりだが、東京午後の高値を試しきれずもみ合いに。

 ユーロは頭の重い展開。朝方はポンドドル、ユーロドルともに上昇も、その後値を落とした。

【NY市場】月末需要が売り誘う

 ドル円が112円台に値を落とす展開に。
朝方は買いが優勢で東京高値を超えて上昇も、その後値を落とす格好となった。

 材料がでたというわけではなく、米株も堅調となったが、月末を前にした調整が広がった。

【本日の見通し】調整入るも地合いは堅調

 月末需要もあって113円割れまで値を落としたドル円だが地合いは堅調。

 明日の米雇用統計、来週火曜日の米中間選挙を前に積極的な動きには慎重で、需給がらみでのドル売りにいったん調整が入ったものの、下値がしっかりしており、もみ合いから上値トライの期待が広がる流れに。

 113円台半ばが目先のターゲット。
雇用統計まではやりにくさも、今晩のISM製造業などの結果次第では十分に超えてくると期待される。

 英中銀はスーパーサーズデーとなっているが、今回は目立った変更点が無いとみられており、落ち着いた反応か。
 

【本日の戦略】押し目買い

 調整が入るも流れは変わらず押し目買いの展開が続くとみられる。

 ドル円は112円台半ばまでは買いの水準か。
雇用統計前だけに、突っ込んだ買いは避けたいところで、できるだけ押し目を待ちたいところ。

 デイトレは早めに買いに回るも、無理をせず。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など