ポンドは神経質な展開続く、米株安がドル安誘う

ポンドは神経質な展開続く、米株安がドル安誘う

アップルがiPhoneの生産縮小の報道で
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–

【東京市場】週明けは比較的落ち着いて始まる

 週明けの東京市場でドル円は112円台後半での推移が続いた。前週末の米株式市場動向もあり、週明けの東京株式市場はしっかり。もっとも、想定の範囲内ということもあり、ドル円、クロス円を押し上げるにはいたらなかった。
 朝方はややドル安円買いが優勢に。週末に開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)において、米国のペンス副大統領が中国に対して強気た対応を取ったことなどが、円買いを誘った。先週末の安値を下回るなど、ややドル安円高が優勢も、動きは続かず、その後はもみ合いに。
 株高の動きなどから、112円台半ばを責めるだけの勢いは見られず。
 午後に入ってもレンジ取引が続く中、株買いの動きがやや強まったこともあり、若干ドル高円安に。最もこちらもレンジを超えるほどの動きではなく、落ち着いた展開に終始した。

 先週大きく動いたポンドは、レンジ取引が続いた。ブレグジット交渉の行方た、メイ英首相への不信任案投票の行方などをにらみながら、様子見ムードといった流れに。
 ポンド円が直近のサポートである144円台半ばを攻めきれず、下値を支えられる格好に。

【ロンドン市場】ポンドは、不信任投票の可能性で急落

 ドル円はドル安円高の流れ継続ももみ合い。
突っ込んだ動きを避ける展開が続いた。

 ポンドドルは一時1.2884近辺まで上昇後、1.28割れとかなり神経質な展開が続いた。
保守党議員からのメイ首相への不信任文書が必要人数の48名を超えて集まっているとの報道がポンド売りを誘った。

【NY市場】米株安が売り誘う

 米株が大きく値を落とし、ドル円の売りが強まった。
アップルがiPhoneの生産縮小を支持との報道が重石に。
米株の下げからドル円は112円80銭台から一気に112円40銭台に。
その後も112円台半ばを挟んでの展開が続いた。

 ユーロドルが1.14台後半まで上昇するなどドル全面安の流れに。
ユーロドルは1.14台半ば近辺でんその後の推移。 

【本日の見通し】リスク警戒の動きが継続

 株安の動きが止まらず、ドル売り円買いの流れに。
ドル全面安基調となっており、値幅はそれほどないものの流れは止まらず。

 週後半は米国が実質休場となるため、突っ込んだ売り買いがやりにくい面があるが、戻りが鈍いだけに、目先はドル売りが続きそう。

 もっとも、ポンドに対する警戒感が残り、ドル全面安基調がどこまで続くかは微妙。
ドル円に関しては、ブレグジット関連でも円高が入るだけに戻り売りの流れが継続か。

 

【本日の戦略】戻り売り

 戻りの重さが意識される展開となっている。
リスク警戒の動きが広がっており、基本は売りが強い展開に。

 ドル円は112円台半ばを中心としたレンジ取引も、レンジが直近水準より少し切り下がった印象は否めず。
下方向のリスクを意識。112円台半ばからはいったん売りの流れか。
113円台に乗せるとストップ。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」スバル舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香出版社など