メイ首相不信任は否決、株高もありドル高円安

メイ首相不信任は否決、株高もありドル高円安

リスク警戒感の後退目立つ展開、米債利回り上昇などもドル買いに

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/16 水曜日》    
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  108.68  1.1413  124.03
高値  109.20  1.1425  124.42
安値  108.37  1.1378  123.53
終値  109.09  1.1392  124.28
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/16 水曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  20442.75 -112.54
DOW   24207.16 +141.57
S&P    2616.10 +5.80
Nasdaq  7034.69 +10.86
FTSE   6862.68 -32.34
DAX   10931.24 +39.45
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/16 水曜日の商品市場》
NY原油先物2月限(WTI)(終値)
1バレル=52.31(+0.20 +0.38%)
NY金先物2 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1293.80(+5.40 +0.42%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《1/16 水曜日に発表された主な経済指標》

【日本】
機械受注(11月)08:50
結果 0.0%
予想 3.0% 前回 7.6%(前月比)
結果 0.8%
予想 0.1% 前回 4.5%(前年比)

国内企業物価(12月)08:50
結果 1.5%
予想 1.8% 前回 2.3%(前年比)
結果 -0.6%
予想 -0.3% 前回 -0.3%(前月比)

第3次産業活動指数(11月)13:30
結果 -0.3%
予想 -0.5% 前回 1.9%(前月比)

ユーロ圏】
消費者物価指数(確報)(12月)16:00
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 0.1%(前月比)
結果 1.7%
予想 1.7% 前回 1.7%(前年比)

調和消費者物価指数(確報)(12月)16:00
結果 0.3%
予想 0.3% 前回 0.3%(前月比)
結果 1.7%
予想 1.7% 前回 1.7%(前年比)

【英国】
消費者物価指数(12月)18:30
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.2%(前月比)
結果 2.1%
予想 2.1% 前回 2.3%(前年比)
結果 1.9%
予想 1.8% 前回 1.8%(コア・前年比)

生産者物価指数(12月)18:30
結果 -1.0%
予想 -1.4% 前回 -2.6%(-2.3%から修正)(仕入・前月比)
結果 3.7%
予想 3.7% 前回 5.3%(5.6%から修正)(仕入・前年比)
結果 -0.3%
予想 0.0% 前回 0.1%(0.2%から修正)(出荷・前月比)
結果 2.5%
予想 2.9% 前回 3.0%(3.1%から修正)(出荷・前年比)
結果 0.2%
予想 0.1% 前回 0.1%(出荷・コア・前月比)
結果 2.5%
予想 2.4% 前回 2.4%(出荷・コア・前年比)

小売物価指数(12月)18:30
結果 0.4%
予想 0.5% 前回 0.0%(前月比)
結果 2.7%
予想 2.9% 前回 3.2%(前年比)
結果 2.7%
予想 2.8% 前回 3.1%(前年比・除くモーゲージ利払い)

【南アフリカ】
小売売上高(11月)20:00
結果 3.1%
予想 2.0% 前回 2.1%(2.2%から修正)(前年比)

【トルコ】
トルコ中銀政策金利 20:00
結果 24.00%
予想 24.00% 現行 24.00%    

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(01/05 – 01/11)21:00
結果 13.5%
予想 N/A 前回 23.5%(前週比)

輸入物価指数(12月)22:30
結果 -1.0%
予想 -1.3% 前回 -1.9%(-1.6%から修正)(前月比)
結果 -0.6%
予想 -0.8% 前回 0.5%(0.7%から修正)(前年比)

EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)17日0:30 
原油 -268.3万(4億3706万)
ガソリン +750.3万(2億5557万)
留出油 +296.7万(1億4301万)
(クッシング地区)
原油 -74.3万(4152万)
*()は在庫総量

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《1/16 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【中国】
*中国商務省
米国との協議に最優先で取り組。

【ユーロ圏】
*バルニエEU交渉担当官、
英議会での採決は英国の政治状況がまだ整っていないこと示す。
英政府は次に何を成すべきなのかの明示を。

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁
経済の拡大は続くが、欧州ではペースが鈍化する見込み。

*ビルロワドガロー仏中銀総裁 
ユーロ圏成長は鈍化しているが、下向きではない。
黄色ジャケット運動はフランス経済にとって短期的に大きく影響。
英議会での否決は英国への不透明感を高めている。
米経済は市場が考えているよりは強固。
米国の保護主義が世界経済の信頼感にとっての重石。
経済見通しには不透明感が広がっている。
フランスの2019年財政赤字対GDP比は3.2%に。

*EU委員会
ブレグジット合意の再交渉への道は開かれていない。
次の動きは英国側から起こすべき。

【英国】
*カーニー英中銀総裁
ポンド相場の反発は合意なき離脱への思惑が弱まってきていること示す。
引き続き市場でボラタイルな動きが続くとみている。
短期的な市場動向には重きを置かない。

*英下院
メイ内閣不信任案を否決。
306対325。

*メイ首相
離脱計画で野党首脳らに協議を呼び掛る。

【米国】
*グラスリー米上院財政委員長
トランプ大統領は自動車関税に傾いていると思う。
政府機関閉鎖でEUや日本との貿易協議が遅れる公算。

*米地区連銀報告(ベージュブック
大半でインフレは緩やかないし緩慢。
大半の地区で成長は拡大。
一部で弱い地域も現れる。
8地区で緩やかないし緩慢な成長。
多くの地区の小売店でホリデーシーズンの来客数が2017年より増える。
見通しは全体的に良好。
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《本日予定されている主な経済指標》

【英国】
RICS住宅価格指数(12月)9:01
予想 -13% 前回 -11%

【香港】
失業率(12月)17:30
予想 2.8% 前回 2.8%

【ユーロ圏】
ユーロ圏消費者物価指数・確報値(12月)19:00
予想 0.0% 前回 -0.2%(前月比)
予想 1.6% 前回 1.9%(前年比)
予想 1.0% 前回 1.0%(コア・前年比)

【米国】
新規失業保険申請件数(12日までの週)22:30
予想 22.0万件 前回 21.6万件(前週比)

フィラデルフィア連銀景況指数(1月)22:30
予想 9.5 前回 9.4

住宅建設許可件数(12月)22:30
予想 129.0万件 前回 132.8万件

住宅着工件数(12月)22:30
予想 125.0万件 前回 125.6万件

【南アフリカ】
南アフリカ中銀政策金利 時刻未定
予想 6.75% 現行 6.75%

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】108円台推移続く

 ドル円は108円台での推移。英下院での採決後のポンド買いでリスク警戒感が後退し、NY市場夕方に108円台後半まで上昇して朝を迎えたものの、朝方の株安で上値からは値を落とした。

 ドル円は108円30銭台まで落とした後108円台半ばでのもみ合いに。

 採決での否決決定後急騰したポンドは、少し調整が入ってのもみ合いに。1.28台後半から1.28台前半を付ける場面が見られた。もっとも、その後1.28台半ば超えを付けるなど、しっかり感が強い流れ。

 昨日ドイツの昨年の経済成長率の弱さなどに売りが出たユーロは1.14ばさみでの小動き。

【ロンドン市場】ドル円しっかり

 ドル買いの流れが優勢。
米10年債利回りの上昇がドル買いを誘う格好でドルはほぼ全面高。
朝方買いが目立った欧州通貨も、その後対ドルで売られている。

 ポンドはEUが再交渉の予定はないと再度表明したことが売り材料に。
NY市場夕方の時間帯になる英下院でのメイ首相の不信任案決議への警戒感も。

 ドル円は108円台後半推移が続いた。

【NY市場】ドル円109円台に

 ドル高の流れが続き、ドル円は109円台に。
米株の上昇が目立ち、ドル買いが優勢となった。
トレーディング部門の不振が見えていたこともあり懸念されていた米主要金融機関決算が発表され
比較的無難に通過したことで買いが入った面も。
 
 注目された英国のメイ首相不信任決議案は与党と閣外協力するDUPの反対で否決されたことで
安心感が広がった面がありNY夕方にかけて円売りが優勢に。

【本日の見通し】次の材料探しも基調はドル買い

 リスク要因は残るものの基調はドル買い。
ブレグジット関連は21日(15日夜の離脱協定案否決から議会開催日ベースで3日)の
修正案待ちという流れになっている。
 米中通商摩擦問題に関しても月末の劉鶴副首相の訪米待ちとなっており、
目立った材料に欠ける展開に。

 材料探しの局面だが地合いは堅調。
リスク材料をクリアしていること、
最大のリスク材料である米中通商摩擦問題に関しては前向きに進んでいるとの評価が大きい。
ドル円は109円台をしっかり固めると110円の大台回復に向けた動きへ。

【本日の戦略】押し目買い

 突っ込んだ買いを避けたい局面。
材料一服後の地合いは比較的長めに続く可能性があるだけに
少し打診買いからの動き待ちという手も。

 108円台後半での買いを拾いたいところも、
押し目の勢いを確認。
デイトレも買いから。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中