ドル高調整強まる、米中通商交渉楽観論後退

ドル高調整強まる、米中通商交渉楽観論後退

事務レベル準備協議キャンセルの一部報道など重石に

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/22 火曜日》    
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  109.67  1.1365  124.64
高値  109.70  1.1374  124.71
安値  109.15  1.1336  124.05
終値  109.37  1.1360  124.25
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/22 火曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  20622.91 -96.42
DOW   24404.48 -301.87
S&P    2632.90 -37.81
Nasdaq  7020.36 -136.87
FTSE   6901.39 -69.20
DAX   11090.11 -46.09
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《1/22 火曜日の商品市場》
NY原油先物2月限(WTI)(終値)
1バレル=52.57(-1.23 -2.29%)
NY金先物2 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1283.40(+0.80 +0.06%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《1/22 火曜日に発表された主な経済指標》
【韓国】
実質GDP・確報値(第4四半期)8:00
結果 1.0%
予想 0.6% 前回 0.6%(前期比)
結果 3.1%
予想 2.7% 前回 2.0%(前年比)

【香港】
消費者物価指数(12月)17:30
結果 2.5%
予想 2.5% 前回 2.6%(前年比)

【英国】
失業率(12月)18:30
結果 2.8%
予想 N/A 前回 2.8%

ILO失業率(11月)18:30
結果 4.0%
予想 4.1% 前回 4.1%

公共部門ネット負債(12月)18:30
結果 21億ポンド
予想 11億ポンド 前回 63億ポンド

ユーロ圏】
ドイツZEW景況感指数(1月)19:00
結果 -15.0
予想 -18.5 前回 -17.5

【カナダ】
卸売売上高(11月)22:30
結果 -1.0%
予想 -0.3% 前回 0.7%(1.0%から修正)(前月比)

【米国】
中古住宅販売件数(12月)00:00
結果 499万件
予想 524万件 前回 533万件(532万件から修正)

【NZ】
消費者物価指数(2018年第4四半期)06:45
結果 0.1%
予想 0.0% 前回 0.9%(前期比)
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《1/22 火曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*トランプ米大統領
中国の成長は1990年以来の低水準を記録した。
中国が最終的に本当に合意することが理にかなっており、この問題で遊ぶのを停止しろ!

*クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
ホワイトハウスが中国との会談をキャンセルの報道を否定。
知的所有権の問題で協議している。
中国副首相との来週の貿易協議は依然予定されている。
中国との貿易協議は米国の利益となる必要。
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
日銀政策金利 時刻未定
予想 -0.1% 現行 -0.1%

通関ベース貿易収支(12月)8:50
予想 -423億円 前回 -7377億円(-7373億円から修正)
予想 -2907億円 前回 -4922億円(季調済)

全産業活動指数(11月)13:30
予想 -0.4% 前回 1.9%(前月比)

【シンガポール】
消費物価指数(12月)14:00
予想 0.0% 前回 0.2%(前月比)
予想 0.3% 前回 0.3%(前年比)

【南アフリカ】
消費者物価指数(12月)17:30
予想 -0.2% 前回 0.2%(前月比)
予想 4.5% 前回 5.2%(前年比)

【米国】
MBA住宅ローン指数(18日までの週)21:00
予想 N/A 前回 13.5%(前週比)

【カナダ】
小売売上高(11月)22:30
予想 -0.6% 前回 0.3%(前月比)
予想 -0.4% 前回 0.0%(自動車除く・前月比)

【ユーロ圏】
ユーロ圏消費者信頼感・速報値(1月)24日0:00
予想 -6.4 前回 -6.2

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】ファーウェイCFO引き渡し要求報道など重石

ドル安円高の動きが優勢となった。米債利回り低下が目立ち、10年債利回りが2.775%台から2.751%台へ下落(債券価格の上昇)。米株先物時間外取引が下落し、ダウ平均先物が一時24500ドルを一時割り込むなど、株安の動きも目立った。香港ハンセン指数、上海総合指数など1%以上の下げを記録。リスク警戒の動きに。

 きっかけとなったのがファーウェイCFOに対する米国の引き渡し要求報道。米国の対イラン制裁違反に関する銀行詐欺容疑でカナダで拘束された中国の通信機器大手ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)の孟副会長・CFOに関して、米政府が正式に引き渡し要求を行ったというカナダ紙の報道が、米中通商摩擦問題に関する懸念を誘い、リスク警戒感につながった。

【ロンドン市場】欧州通貨高

 英雇用統計がかなり強めに出たことでポンドが反発。
ユーロも連れ高となって、欧州通貨高ドル売りの動きに。
ドイツZEWが予想よりも高めに出たこともユーロ買いにつながった。

 東京市場に続いてファーウェイがらみでの警戒感からの円高が進行し、
ドル円は軟調。
 ポンド円はポンド高に上昇もユーロ円は重いと、まちまち。

【NY市場】ドル円頭の重い展開に

 CNBCが米中が今週予定されていた官僚級の準備協議をキャンセルしたと報じたことなどが
市場のリスク警戒感を誘った。

 ドル円は109円15銭近辺まで値を落とす場面が見られたが
109円台を維持。
クドローNEC(国家戦略会議)議長が、同報道を否定し、
来週の劉鶴副首相との貿易協議は依然予定されていると発言したことも
大台維持に一役買う格好に。

【本日の見通し】109円台半ば意識

 ドル円は109円台前半推移。目先109円台半ばがポイントに。
回復できると上方向への期待感が強まる。
米中通商交渉への期待感が後退してきていることが重石。
今週予定されている事務レベルでの準備協議キャンセルの話が
市場の警戒感を誘っている。
 
 109円をあっさり割り込むようだと、上値期待が一服する流れも。

 日銀会合は基本的に現状維持。展望レポートでは物価見通しの下方修正見込み。
想定済みで反応は限定的とみられるが、材料的には円安だけに動きに注意。

【本日の戦略】買い下がり

109円近いところを買いたいところ。
上値が若干重い印象で109円台半ば近いところでは様子を見たい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中